多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

2008.10.25
再び原伸介氏の話題。ついに見てしまった、伸介の窯を。右の写真がそれである。松本市郊外の山の中にある。人里からかなり遠く離れたところにあると思ったが、さほどの距離ではなかったのが意外だった。しかし、それまで道一本なかったところにツルハシとスコップで道を造り、かな
2008.10.18
大道芸が好きだ。あれを見ているだけで、心が和んでくる。時々、横浜の山下公園に面したホテルに宿をとる。読みかけの本を1冊だけ手にし、海に面したベンチに腰掛け、ゆっくり文字を追う。波がチャプチャプ揺れる音を聞き、潮風を頬に受けながら、本に夢中になり、気がつくと空が
2008.10.12
こんな若者がいたのか!と嬉しくなってしまった。若者と言っては語弊があるかもしれない。今年36歳、若者と呼ぶに少し的はずれのような気もするが、「これだけのことをやっていて」36歳というのは、明らかに「若者」の部類に入れておかしくはない。原伸介。信州は松本に住み、
2008.10.02
もしかしたらここで野垂れ死にするかもしれない、と思う場面に遭遇した。いわゆるパニックというやつだ。いざ、そういう状態になると、人間の行動は不可解になる。同じところを行ったり来たり。心と体が一致しない。結果的に、今こうしてブログの原稿を書いているのだから難を逃れ
2008.09.28
何を隠そう、子どもの頃はウルトラマンっ子だった。ウルトラQから始まり、ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン〜と続くウルトラマンシリーズに夢中になり、ひそかに「特製怪獣図鑑」を編纂していた。ウルトラマンに登場するすべての怪獣に関する詳細なデータを
2008.09.24
前回に続き、小布施ネタを。噂には聞いていた。小布施の街づくりは凄い、と。高橋克法町長もそうおっしゃっていた。木下豊さん(前回の項参照)に案内していただいて、小布施の街を歩いてみて、なるほどと合点した。ちょっと素敵すぎます。街づくりのお手本だというのもけっしてオ
2008.09.18
今、生きているなかで、何がいちばん愉しいだろうかと考える。日々、愉しいことだらけで、嫌だなという日は一日もないが、では、いったい自分は何を愉しんでいるのだろうか、と。正直、物欲はゼロに等しい。こんな家に住んでみたい、こんなクルマに乗ってみたい、こういうモノが欲
2008.09.14
前回に続き、二期倶楽部で行われた「山のシューレ」の話題。3日間の開催期間中、最も面白かったのは、3日目の夜に行われた能楽師・安田登とチェンバロ奏者・平かおりの即興による共演。安田氏が夏目漱石の「夢十夜」を朗読し、それに合わせて平氏が即興で雅な伴奏をつける。安田

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ