Chinoma
HOME > 2021年の記事

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ
ちからのある言葉
ちからのある言葉

2021年の記事

2021.04.12
山折哲雄の『無常の風に吹かれて』を再読している。細切れに書いたエッセイをまとめたものだ。バランスをとろうとして自然に手が伸びたのだろう。山折さんの考えには共感するところも多いが、そ…
2021.04.11
アイルランドの劇作家、バーナード・ショーは数々の至言を残した。ノーベル文学賞に選ばれたとき、一度は受賞を辞退したが、賞金を寄付するという条件で〝しかたなく〟受賞したという粋な人。既…
2021.04.10
国税庁の資料によると、会社が10年続く確率は約6%、20年続く確率は0.4%、30年続く確率は0.021%だという。自然の生態系は、あらゆる生物が生き残る確率の、絶妙なバランスの上…
2021.04.09
前回に続いて、女性ヴォーカルによるカヴァー集を。リンダ・ロンシュタットが1996年に発表した『愛の贈りもの』という、あまり知られていないアルバムがある。原題は「DedicatedT…
2021.04.07
幕末三舟の一人、山岡鉄舟。名を鉄太郎。剣・禅・書の達人である。サムライ鉄舟が、わずか15歳で自身に課した人間修養のための「修身二十則」。その9項目にこの言葉はある。時代とはいえ、多…
2021.04.05
ある原稿を書きながら、あらためて平均的な会社の寿命はどれくらいかと疑問に思い、調べてみた。国税庁の資料によると、会社が10年続く確率は約6%、20年続く確率は0.4%、30年続く確…
2021.04.04
オーストリア生まれの経営学者ドラッカーのファンは、日本にも多い。彼の言葉は、いずれも経営の要点を突いている。いつの時代も横行する、体裁をつくろっただけの、薄っぺらな、読んだそばから…
2021.04.02
千利休が茶の心得としてまとめた『利休百首』の一首めがこれだ。あえて語らずともわかるというもの。しかし、百首ある心得の冒頭に利休がこの一首をあげたことを考えれば、今も昔もかわらず人の…
2021.04.02
2回続けてカヴァー集をとりあげる。オリジナルの曲が音楽史に残るということはもちろん偉業だが、よく知られている曲をカヴァーして、その曲の良さを活かしつつ自分のものにするのもまた困難な…
2021.04.01
私の家の隣は駐車場になっているが、フェンスの隙間からピンクの小花の鉢植えが2鉢ちらりと見えた。その時は何気なく記憶していたのだが、それから何日も経ってからまた目に入った。風に倒され…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ