音楽を食べて大きくなった
HOME > Chinoma > 音楽を食べて大きくなった

ADVERTISING

本物の真髄(電子版)

音楽を食べて大きくなった

クラシック、ロック、ジャズ、ワールドミュージック……。
「本と音楽を食べて大きくなった」と公言する著者の座食的音楽エッセイ。
文章から漂ってくる「音楽」をご堪能ください。(テキスト/髙久多美男)

Topics

file.047『フィリッパ・ジョルダーノ』フィリッパ・ジョルダーノ
フィリッパ・ジョルダーノの歌を聴いていると、歌のウマい・ヘタを左右する一番の要因はなんなのかと思う。フィリッパが取り上げる曲は、いわゆるオペラ・アリアなど難曲がほとんど。彼女は声楽…
file.046『レッド・ツェッペリンⅣ』レッド・ツェッペリン
レッド・ツェッペリンの4枚目のアルバム、「レッド・ツェッペリンⅣ」(1971年)は、泣く子も黙るロックの名盤。じつは、本作には正式なタイトルがない。タイトルの代わりに、右下の図柄が…
file.045『交響曲第8番』A.ドヴォルザーク
ドヴォルザーク(私は密かにドボちゃんと呼んでいる)は、ワーグナー派とブラームス派が対立していた時代に音楽を学んでいる。当初、彼はワーグナーに心酔していたが、徐々にワーグナーの影響を…
file.044『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』ビリー・アイリッシュ
初めてビリー・アイリッシュの「バッド・ガイ(BadGuy)」のPVを見たときは驚いた。黄色い紙の壁を足で突き破り、黄色いダブダブのパーカを来たビリーが現れる。フードをかぶり中腰で歩…
file.043『静かなるケニー』ケニー・ドーハム
ジャズ界には独創的で強烈なリーダーシップを発揮するホーン奏者が多い。マイルスしかり、コルトレーンしかり、チャーリー・パーカーしかり。すご腕のサイドメンを従えながら、先頭を脇目も振ら…
file.042『ピアノ協奏曲第3番』S.ラフマニノフ
「どっちのブラームスが好き?」というのと同じくらい、「どっちのラフマニノフが好き?」は答えるに難しい問いである。もちろん、どっちのというのは「どっちのピアノ協奏曲が」という意味だ。…
file.041『欲望』ボブ・ディラン
ボブ・ディランをフォークの神様だと思っている人にとって、ロック調の『欲望』は評価したくない作品かもしれないが、私にとってのディランはこれに尽きる。このアルバムはロックが社会的なパワ…
file.040『クール・ストラッティン』ソニー・クラーク
なぜか、日本の洋楽界には特有の現象がある。年の暮れになるとベートーヴェンの「第九」が頻繁に演奏されたり、ほとんど無名だったクイーンをいち早く評価したり……。ソニー・クラークの人気も…
file.039『ワーグナー/序曲・前奏曲集』R.ワーグナー
私にとっての〝勝負曲〟といえば、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」序曲。ここぞという日の朝、この曲をなるべく大きな音量でかけ、全身に行き渡らせる。みるみるエネルギー…
file.038『モンマルトルからのラブレター』Zaz
前回に続いてフランスものを。初めてZaz(ザーズと読む)を聴いたときの印象は忘れがたい。2010年のある日、タワーレコードで目新しいものを渉猟していた。フランスのコーナーで1枚のジ…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ