メンターとしての中国古典
HOME > Chinoma > メンターとしての中国古典

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

メンターとしての中国古典

紀元前5世紀から人の生きる道筋を示してきた儒者の教えを、現代に生かすためにはどうすればいいか。
「愚直経営」を旗印に掲げる経営コンサルタントが現代流にリアレンジします。(テキスト/三村邦久)

Topics

2020.05.31
「天地人」で有名なこの一節は孟子に記されものです。その意味は、天の与える好機も土地の有利な条件には及ばず、土地の有利な条件も民心の和合には及ばない。もう少し解釈を進めると、チャンスがあっても、地力がな
2020.05.19
この言葉は論語の一節で、政治のあり方を説くものです。「政治は民衆の信頼なくして成り立つものではない」という意味です。国家運営でも会社経営でも国民や社員との間に信頼感を醸成し、安心して生活し働ける環境を
2020.04.15
この一節は老子の言葉です。その意味は、「弱いものが強いものに勝ち、柔よく剛を制すとは世によく知られたことだが、それを行うとなると難しい」と言うことです。新型コロナウイルスとの戦い世界を震撼させている新
2020.03.31
これは「孫子の兵法」の一節です。その意味は、「戦争は多少拙い(手際が悪い)くても、すばやく勝負をつけるほうがよい。戦術がすぐれていても、それが長く続くという保証はない」という意味です。つまり、100点
2020.03.04
「喜び!楽しみ!気にしない!」これは論語の冒頭の一節です。中国古典の各書物の冒頭文は、その書の一番言いたい要点を述べています。その意味は、「学んだことを時に復習するのはより理解が深まり喜ばしいことだ。
2020.02.04
この言葉は論語の一節で、孔子が自らの人物像を表現したものです。その意味は、学問が好きで発憤して夢中になって食事も忘れ、その意を会得すると心から喜び楽しんで、心配事も忘れてしまう、そして老いがやって来る
2020.01.21
己の欲せざる所、人に施すこと勿れこれは論語の言葉で、全文は以下の通りです。「子貢問うて日わく、一言にして以て身を終うるまで之を行うべき者有りや。子日わく、其れ恕(ジョ)か。己の欲せざる所、人に施すこと
2019.12.31
この言葉は佐藤一斎の「言志四録」の一節で、部下を持つ人が心得ておくべき重要なポイントを示しています。佐藤一斎の言志四録は中国古典ではありませんが、江戸末期に昌平坂学問所のトップであった佐藤一斎が、四書
2019.12.06
これは論語の一節で、毎日次の3つのことを振り返えろうという教えです。その3つとは、「人の為に謀りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざるを伝えしかと」その意味は、1)人のために思いをめぐら
2019.11.11
これは孟子の一節で、頭に一撃を食わされる言葉です。その意味は、「できないのではない。やらないのである」ということです。もう少し解説すると、「王道、徳(国民や社員への思いやりや慈しみ)を基本としたマネジ

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

三村 邦久

三村 邦久

1961年、兵庫県生まれ。

株式会社アイパートナー代表。中小企業診断士。著書に『「愚直経営」で勝つ!』(PHP研究所)、『豊かな働き方 貧しい働き方 自分と組織のマネジメント論』『うーにゃん先生の持ち味コーチング』(いずれもフーガブックス)。

株式会社アイパートナーHP

http://www.i-partner.co.jp

Recommend Contents
このページのトップへ