メンターとしての中国古典
HOME > Chinoma > メンターとしての中国古典

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ
ちからのある言葉
ちからのある言葉

メンターとしての中国古典

紀元前5世紀から人の生きる道筋を示してきた儒者の教えを、現代に生かすためにはどうすればいいか。
「愚直経営」を旗印に掲げる経営コンサルタントが現代流にリアレンジします。(テキスト/三村邦久)

Topics

2020.12.29
易は窮(きわ)まれば変(へん)ず。変ずれば通(つう)ず。通ずれば久(ひさ)し。この言葉は「易経」の一節で、世の中のものはすべて陰陽で成り立ち変化する。冬至(一年で一番昼が短い日)になるとそこから昼が長
2020.11.25
論語より「富(ふう)と貴とは、是れ人の欲する所なり。其の道を以て之を得ざれば、処(お)らざるなり。貧と賤とは、是れ人の悪(にく)む所なり。其の道を以て之を得ざれば、去らざるなり」その意味は、「富と高い
2020.10.22
これは孟子の一節で、「誠意を尽くして人に接したり仕事に取り組めば、その思いが天に届き大きな力となり、周囲の協力を得てどんな難局であろうと乗り越えることができるものだ」という強い信念を表す言葉です。「誠
2020.09.14
これは「大器晩成」として有名な老子の言葉で、「大いなる器は完成に時間がかかる」という意味です。安直に結果を求めハウツーを重視する現代社会への警鐘と言えるでしょう。知識やお金・地位など容易に手に入れたも
2020.08.12
欠点は美徳「曲(きょく)なれば即ち全(まった)し、枉(ま)がれば即ち直(なお)し」この言葉は、老子の一節です。その意味は、曲がりくねった木のように役立たずであれば、生をまっとうできる。尺とり虫のように
2020.07.16
この言葉は老子の一節で、世の中の創造論を展開しています。道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。万物は陰を負いて陽を抱き、沖気(ちゅうき)以(も)って和を為す。現代語に訳すると、「無
2020.06.24
無用の用この言葉は、「無用の用」として有名な老子の一節です。その意味は、役にたたない実用性のないようにみえるものに、実は真の有益な働きがある。あるいは、役に立たないとされているものが、かえって非常に大
2020.05.31
「天地人」で有名なこの一節は孟子に記されものです。その意味は、天の与える好機も土地の有利な条件には及ばず、土地の有利な条件も民心の和合には及ばない。もう少し解釈を進めると、チャンスがあっても、地力がな
2020.05.19
この言葉は論語の一節で、政治のあり方を説くものです。「政治は民衆の信頼なくして成り立つものではない」という意味です。国家運営でも会社経営でも国民や社員との間に信頼感を醸成し、安心して生活し働ける環境を
2020.04.15
この一節は老子の言葉です。その意味は、「弱いものが強いものに勝ち、柔よく剛を制すとは世によく知られたことだが、それを行うとなると難しい」と言うことです。新型コロナウイルスとの戦い世界を震撼させている新

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ