多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

偉人変人
2018.11.20
 30年以上交友がある高久和男さんについて。 つくづく人間というのは面白い。彼を見ていると、心底そう思う。 カズオさんは登山友だちである。ブラジルやインド、アフリカなどへも一緒に旅したが、通常は月に一度くらいランチをする程度。 従業員2000人以上の企業グループを率いる総裁でもある。創業者である父か
 
言葉の親和性
2018.11.16
 前回に続き、言葉の暗記・暗唱について。 禅の言葉を覚えることによって、心に火が灯る瞬間が増えた。寺をはじめ、旅館や懐石料理店などに掛かっている掛け軸や扁額の字が読めるようになったのだ。覚えている言葉ならすんなり入ってくるし、そうではない言葉でもなんとか読める。すると、それを選んで掛けた人と心の交流
 
「老子」の懐に抱かれて
2018.11.11
 毎朝、禅語を書きつけているということを以前書いた。覚えている禅語を使い終えた紙の裏に鉛筆で書くのだ。現在、覚えているのは428語。一回で20本くらい書き、最後までいったらまた最初に戻る。それを何度繰り返したことか。   それによって記憶力が増し、字が以前より自在に書けるようになった。なにより、禅の
 
〝オヤジの街〟とイタリア街
2018.11.07
 新橋とは不思議な場所だ。銀座に隣接しているのに雑多な印象で、特に夕方以降は安居酒屋に大勢のサラリーマンがひしめき合い、〝オヤジの街〟として賑わっている。私もまごうかたなきオヤジの一人だが、とてもあのパワーにはついていけなく、敬して遠ざけている。 ところが、浜松町の方へ向かって歩いて行くと、まったく
 
不易と流行
2018.11.03
 新宿御苑のヘヴィーユーザーといっていいだろう。年間250回くらい利用している。通常、入場料は1回200円で、年間パスポートは2,000円。単純計算すれば、50,000円払うべきところを2,000円で済ませている。「御苑の近くに住んでいる人は国民の税金の恩恵を受けているのだから、税金を高くするべきだ
 
秋の高尾山で命の洗濯
2018.10.30
 かねがね言っている。もしガンになったら、高尾山に登り続けると。苦しい治療をするより、よほど効果があると思っている。それでも治らなければ、それまでのこと。 と思えるくらい、力のある山だ。高さは599メートル。日帰りでのんびり登るには適度な高さといえる。久しぶりに家族で登った。 山の中腹にはいろいろな
 
Recommend Contents
このページのトップへ