多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

ADVERTISING

本物の真髄(電子版)

多樂スパイス

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/髙久多美男)

Topics

2021.11.29
今年は武田信玄(1521〜73年)の生誕500年。私が最も敬愛する戦国武将は、ほかならぬ信玄である。子供の頃は、義の上杉謙信に惹かれたが、大人になってリアリズムを理解できるようにな…
2021.11.22
わが家の小娘は近代史に興味を持っているようだ。大学の卒業記念には本人の要望で家族で知覧へ行ったし、今回、『坂の上の雲』を読了したというから、三笠や東郷平八郎に興味があるだろうと思い…
2021.11.15
拙著『本物の真髄』を電子版で復刊した。もとはといえば、2011年、ある料理学校の依頼で刊行した本であるが、すべて売り切れ、手元に見本として2冊を残すのみとなった。増刷は叶わず、手前…
2021.11.08
8月1日に2匹の子ネコがやって来たことはすでに書いた。以来、我が家はこのネコどもに撹乱されっぱなしである。よくもまあ……と呆れるくらい、ろくなことをしない。目にもとまらぬ速さでおい…
2021.11.01
総選挙の結果が出た。前回、「国民を欺く立憲共産党」と題し、日本共産党と手を結んだ立憲民主党の選択がいかに目先の票目当てであり、政権運営のことは考えていないかということを書いた。有権…
2021.10.24
総選挙の投票日まで、あと一週間となった。今回の各党の闘い方に、それぞれの党の本性が現れている。特に「野党共闘」の名のもとに手を結んだ立憲民主党と日本共産党のあざとさは、国民を欺いて…
2021.10.18
兵庫県は名城のメッカだ。行ってみたい城がいくつもあった。その筆頭が竹田城だった。観光ポスターでは、雲海の上に聳える天空の城として馴染みがある。いったい、どんな山城なのだろう?兵庫県…
2021.10.11
横綱白鵬関がついに引退した。名実ともに大横綱だった。いろいろと物議を醸すこともあったが、それによって白鵬関の輝かしい業績がいささかも減じることはない。意識の高さでも群を抜いていた。…
2021.10.04
本日、岸田政権が発足する。長期安定政権になることを願っているが、望みは薄いと思っている。岸田氏は宰相の器だと思うが、国民(特にマスコミ)が飽きっぽい。政権発足時の新鮮さがなくなるや…
2021.09.27
2011年の暮れ、『Japanist』の対談の取材で全国野鳥の会会長・柳生博氏にお会いした。その時のお話はじつに印象深いものばかりだったが、なかでも兵庫県豊岡市で取り組んでいるコウ…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ