多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

2019.08.19
前回、大きな美術館で開催される興行然とした美術展は疲れるばかりで行きたくないと書いたが、都内にも〝本物の〟美術館はいくつもある。美術館の本質は、人類の知的財産でもある芸術品を間近で鑑賞できること。それによって鑑賞者は日常の雑念を忘れ、心のリセットができる。時代
2019.08.15
自分の心の裡を怜悧に見つめれば、美術館が嫌な場所になり始めていることは明らかだった。10代の頃から美術館へ行くのが好きだったが、ここ十数年、行くたびに言い知れぬ徒労を感じている。鳴り物入りで開催される美術展は人の洪水である。人と人の間のわずかな隙間から作品の〝
2019.08.11
毎年恒例の夏山登山、今回は北アルプスの玄関口に位置する荒々しい山・焼岳に登った。その名のとおり、北アルプス唯一の活火山で、7合目から上の山肌は岩場に覆われている。シューシューと音をたててガスを噴き出しているところがいくつもあり、あたりには硫黄の臭いが漂っている
2019.08.07
水がつくる音は、人間の心に深く作用する。たとえばせせらぎの音。イライラしている人でさえ、あの音を間近で聞いていたら心が和むにちがいない。たとえば間断なく流れ落ちて水煙をあげながら、轟音をうならせる水瀑。水しぶきが霧状に舞い、光をキラキラと反射する。それを数分間
2019.08.03
アーケード商店街は、ちょっとした人口を抱えた都市なら、どこにでもある。雨の日も傘をささずに歩くことができ、地元の名店や老舗が集まっていて、街でいちばんの繁華街になっていた。「なっていた」と過去形で書いたのは、現在、どこのアーケード商店街も、見る影もなく寂れてい
2019.07.30
岡山県奈義町の那岐山麓、森閑とした山深く、菩提寺という古刹がある。6月のある日、人っ子一人いないこの寺を目指して行ったのには理由がある。大イチョウに会うためだ。広い駐車場から境内を見渡すと、即座にその存在がわかる。本堂から向かって右側の、少し小高い地に、摩天楼
2019.07.26
フーガブックスより2冊の本を刊行した。ひとつは浜城勉著『加那』、もうひとつは藤原万耶著『マーヤの短いラプソディ』。前者は弊社初の小説、初の文庫サイズである。後者は『fooga』や『Japanist』で名脇役として軽妙洒脱な原稿を寄せていただいた藤原万耶さんの作
2019.07.22
日本の植物に魅了されて来日し、以来、日本に自生する植物を使って庭をつくり続けている男がいる。イギリスはバークシャー州出身のポール・スミザーさんである。5年ほど前、たまたまNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で彼の存在を知り、いっぺんに魅了された。以後、本を

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ