Chinoma Contents

  • 多樂スパイス

    安土城天主を原寸大で復元

    2021.02.22
     前回、安土城跡のことを書いたが、そこから自転車で5分くらいのところに「信長の館」がある。その名の通り、信長の館=安土城の天主を復元したものが建物内部に収められている。  元になったものは、1992年...
  • 死ぬまでに読むべき300冊の本

    融け合う、老人と海

    老人と海
       この作品を何度読んだかわからない。簡潔な文体の正体に少しでも近づきたくて、慣れないながら英和辞典片手に読み通したこともある。  物語はなんてことない。「早い話、老いた漁師がでっかいカジ...
  • 音楽を食べて大きくなった

    異なる個性がぶつかり合って生じた音楽の化学変化

    スティッキー・フィンガーズ
    ローリング・ストーンズ
  • うーにゃん先生

    心のなかに生きるということ

    2020.10.03
    第41話   生死一如     パパは今日から山梨へ出張。朝からあわただしくしている。  ある戦国武将マニアのグループから依頼され、武田信玄の足跡をたどり、政治家としての信玄をテー...
  • メンターとしての中国古典

    六言の六蔽

    2021.02.02
     子曰わく、由(ゆう)よ、女(なんじ)六言(りくげん)の六蔽(りくへい)を聞けるか。  これは、論語の一説で、以下に続きます。    居(お)れ、吾(われ)女(なんじ)に語(つ)げん。  仁...
  • 日々是食日

    ルーティンの醍醐味

    2021.02.06
     自分が飽き性だと思っていたのは、どうやら勘違いだったようだ。  いや、正しくは、ある部分においては飽きっぽく、ある部分ではかなりしつこい。  これと思ったら、ずっとそれ。食べ物も洋服も、選ぶものはた...
  • 夢見るビーズ

    サスペンダーが似合う人

    2021.02.19
     仕事やゴルフがオフという日がたまに我が夫にやってくる。ましてこのコロナの時代、東京へ寄席を聴きに行き、美術館へ寄るということも出来そうにない現実がある。そんな時私は、待っていましたとばかり本と衣類の...
  • 偉大な日本人列伝

    日本型経営の根本をつくる

    渋沢栄一
    会社は私物にあらず    2024年度、日本の最高額紙幣の肖像が渋沢栄一になる。聖徳太子や福澤諭吉と比べると、なんとなくありがたみが減る感があるが、「日本資本主義の父」が最高額紙幣の肖像画と...

What is Chinoma?

Result Topics

Topics

Recommend Contents
このページのトップへ