Chinoma Contents

  • 多樂スパイス

    「読解力急低下」は無教養国家の前ぶれ

    2019.12.06
     データが出そろってようやく気づくというのは、体の不調のことと同じだ。  経済協力開発機構(OECD)が2018年度に実施したPISA(国際学習到達度調査―日本は無作為抽出した全国183校の高校1年生...
  • 死ぬまでに読むべき300冊の本

    逃げてゆく愛をどう引き留めるか

    逃げてゆく愛
       シュリンクといえば、映画にもなった『朗読者』を連想する人が多いだろう。15歳の少年と強制収容所で看守をしていた経歴をもつ女性との愛を描いた作品だ。『朗読者』も小欄に選ぶ価値のある作品だ...
  • 偉大な日本人列伝

    台湾のために一大事業を成し遂げた土木技師

    八田與一
    台湾は世界一の親日国家? 「世界で最も親日国家は台湾」とはよく聞く言葉だ。親日国家といえば、トルコ、インドネシア、インド、タイ、ブラジル、フィンランド、メキシコ、パラオ諸島、ポーランド、トーゴなど、い...
  • うーにゃん先生

    心に一点でも曇りあらば

    2019.12.09
    第12話  一翳在眼 空華乱墜  「だからって、傷口に塩をすり込むようなことは言わなくてもいいんじゃない?」  隣の部屋から声が聞こえてきた。珍しくママが強い口調でパパをいさめている。 「食塩じゃなく...
  • 日々是食日

    稲穂の国のふしぎなおむすび

    2019.11.30
     私事になるが、最近、物語を担当させていただいた某幼稚園の絵本が刊行された。『おばあさんのふしぎなおむすび』と題したこの物語は、おばあさんとねずみのチュータがおむすびをめぐって繰り広げる冒険ファンタジ...
  • メンターとしての中国古典

    吾日に吾が身を三省す

    2019.12.06
     これは論語の一節で、毎日次の3つのことを振り返えろうという教えです。    その3つとは、 「人の為に謀りて忠ならざるか、  朋友と交わりて信ならざるか、  習わざるを伝えしかと」  その...
  • 夢見るビーズ

    五感を揺らす色の魔法

    2019.12.03
    私たちに備わっている五感と呼ばれる機能は、人間として生きる上でそれぞれが大切な役目を担っている。 全てがフル回転している人の人生はとっても素敵でパワフルなことであろう。 視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚を...
  • あいきこえ

    第6話 稲村の火

    2019.11.29
      語り・鈴木由紀 令和元年10月13日、日本列島を襲った台風19号は、 16都県の延べ301河川で氾濫が発生し、浸水した面積は少なくとも2万5000ヘクタール。 去年の「西日本豪雨」を超え...
  • しのの歌

    どの星も球体だって気づいたら 割れなくなってしまう鶏卵

    プラネタリウムの帰り道は地面がぐらぐらする。神秘的で果てしない宇宙がすぐそこにあるのだという事実に胸がいっぱいになる。卵を割ろうとしてふと手を止めてしまう。 白いすべすべの鶏卵も、屋根を落ちる雨粒も、...

What is Chinoma?

Result Topics

Topics

Recommend Contents
このページのトップへ