Chinoma Contents

  • 多樂スパイス

    懸命に、生きようと

    2020.04.04
     人の声がしない。それに呼応してか、いつもは毎朝忙しく会話を交わしている鳥たちの声も聞こえない。  悪性ウイルスの発生を知りながら事実を隠蔽し、そのため対策の初動が遅れ、さらに中国と癒着したWHOの事...
  • インタビューブログ

    100年を越える伝統を持つ味を、後世につなげていく。

    有限会社神保栄三久商店 5代目
    神保和功さん
  • 死ぬまでに読むべき300冊の本

    人間の本質を省察した辛辣な言葉たち

    ラ・ロシュフコー箴言集
       情と理。  人間の心は、両者が均衡してこそバランスがとれると思っている。どちらが勝ちすぎても均衡を失う。強いていえば、情が6、理が4くらいの割合だろうか。人間にとって情は欠かすことので...
  • 偉大な日本人列伝

    実業を興し、新国家建設に貢献

    渋沢栄一
    会社は私物にあらず  2024年度、日本の最高紙幣の肖像が渋沢栄一になる。聖徳太子や福澤諭吉と比べると、ありがたみが減る感があるが、「日本資本主義の父」が最高紙幣の肖像画として使われるのは、なにかと理...
  • うーにゃん先生

    春風に舞うような叱り方

    2020.03.31
    第23話    鉄槌舞春風     いつものように気持ちよさそうに眠っていたうーにゃんは、電話のベルで起こされた。振り込め詐欺に遭ってはいけないから電話には出なくていいとパパから言...
  • 日々是食日

    時代小説の愉しみ

    2020.04.01
     最近、時代小説にハマっている。贔屓の作家は隆慶一郎。ひょんなことから彼の名を知り、初めて読んだ『吉原御免状』でぞっこん惚れてしまった。  以来、隆さんの小説を次々買い込み一冊ずつ味わっている。  こ...
  • メンターとしての中国古典

    兵は拙速を聞くも、いまだ巧の久しきを睹ざるなり

    2020.03.31
     これは「孫子の兵法」の一節です。その意味は、「戦争は多少拙い(手際が悪い)くても、すばやく勝負をつけるほうがよい。戦術がすぐれていても、それが長く続くという保証はない」という意味です。  つまり、1...
  • 夢見るビーズ

    私の切り抜き日記帳

    2020.03.05
     新しい職場に変った夫は新幹線通勤となったため、私はにわか運転手として駅への送り迎えをしている。そろそろ一年近くになるのだが、一時間ばかり繰り上がった私たちの朝の生活にも一定のリズムがでてきた。早起き...
  • あいきこえ

    あいきこえ 第10話 カルチェ・ラタン

    2020.04.04
      語り・鈴木由紀 著者・鈴木由紀 挿絵・矢崎悠美   新型コロナウイルスは、想像以上にわたしたちを脅かし、多くの人々の生活が一変してしまいました。 学校にも、会社にも行けず、買い...
  • しのの歌

    体育のあとの男子の髪のにおい  グレープフルーツぎゅっと握れば 

     体育のあとの男子はグレープフルーツのにおいがする。女子の使うバラや石鹸の香りの制汗剤とは明らかに違う、もっときつくて、苦くて、目に染みるような爽やかなにおい。そういう制汗剤が男子のなかで流行っていた...

What is Chinoma?

Result Topics

Topics

Recommend Contents
このページのトップへ