多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > テリー60冊目の本

テリー60冊目の本

2008.07.01

 北原照久さん60冊目の本を小社にて刊行した。

 タイトルはズバリ、『出会い』。北原照久サクセスストーリーの秘訣を端的に表すなら、このひとことに尽きる。まさに、さまざまな出会いが北原さんを日本有数の「幸せな男」にしたのだ。

 もちろん、それらの出会いは、棚からボタモチが降ってくるように勝手に落ちてきたわけではない。そういう出会いを呼び込んだのは、まぎれもなく本人なのだ。『fooga』今月号の特集で、てんつくマンも似たようなことを言っていたではないか。

「神様は自分の心を見透かしているから、一生懸命やっていないとそれなりの人にしか会わせてくれない」と。逆に言えば、一生懸命やっていれば、それなりに素敵な人に会わせてくれるというわけだ。そして、そこから人生が大きく好転することになる。

 今回のこの本では、北原さんが今までに出会った数多くの素敵な人たちの内、わずか9人だけを取り上げている。母親ほか浜圭介、矢野雅幸、有吉暉子、北村宏、加山雄三、吉永小百合、北原旬子、平林良仁各氏との出会いを綴りながら、「うまくいく人生の秘訣」を伝授してくれている。

 あとがきにも書いたが、世に人生のハウツー本はたくさんあるが、ごちゃごちゃたくさん読む必要はない。この本一冊だけでじゅうぶんである。それくらい、北原さんの体験談は普遍性があり、わかりやすい。それにこの本、文字も大きくて読みやすい。あまりストレスを感じさせずに読ませるには、と考えた結果、このポイントになったのだ。本来なら、もう少し小さくすればお洒落になるんだけど。

 さて、。『fooga』7月号でも告知したように、7月11日(金)午後7時から、横浜市開港記念会館にて中田宏横浜市長とてんつくマンの対談が行われる。ワクワクせずにはいられないこの組み合わせの終わりの方に、なんと北原さんが殴り込み、じゃなくて飛び入り参加する。その後、きっちり本の販売&サイン会をするというあたり、さすが!。人生、こうでなくっちゃ。

 また、中田VSてんつくマンにさきがけて、午後4時から横浜市役所で中田宏氏と高橋克法・高根沢町長との対談もセットされている。こちらは。『fooga』9月号特集記事のための対談であり、一般公開はされない。ちなみに、全国の自治体で初めててんつくマンを招聘したのは、他ならぬ高橋町長のいる高根沢町。

 バラバラになっていた線が、11日につながるのである。

(080701 第56回 写真は、60冊目の本を持ち、ご満悦の北原氏 )

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ