死ぬまでに読むべき300冊の本
HOME > Chinoma > 死ぬまでに読むべき300冊の本

ADVERTISING

紺碧の将

死ぬまでに読むべき300冊の本

どんなに時代が変わろうとも、本が人類の知的財産であることに変わりはありません。
少年の時分より、本を師と仰ぐ髙久 多樂がさまざまなジャンルから独断と偏見で選んだ300冊の本。
本選びの際の参考書として、活用してください。【テキスト/髙久 多樂】

Topics

file.179『芭蕉全句集』雲英末雄・佐藤勝昭訳注 角川ソフィア文庫
しばしば「無人島に一冊持っていくとしたらなにを選ぶか」という設問を目にする。現実に無人島に行くことはありえないと思いながら、頼まれてもいないのにあれこれ考えてしまう。最近、「これか…
file.179『「日本よい国」構想』山田宏 神楽サロン出版
当時、杉並区長だった山田宏氏(現参議院議員)の国家構想を著した本書は、埋もれた名著といえる。2009年の発行から15年以上過ぎているが、社会を見通す著者の眼力に感服するとともに、こ…
file.178『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ 土屋政雄訳 早川書房
本コラムでカズオ・イシグロの作品を紹介するのは2冊目。1冊目は『わたしを離さないで』でも『日の名残り』でもなく、『わたしたちが孤児だったころ』だった。本題に入る前に彼の代表作である…
file.177『松下政経塾塾長講話録』松下政経塾編 PHP研究所
本書は、松下幸之助が85歳のときに設立した松下政経塾が始まって間もなく、第1期生に対して行った6つの講話を収めたもの。この講話録を読むと、幸之助のスケールの大きさがわかる。第1期生…
file.176『木』幸田文 新潮社
〝法隆寺の鬼〟と言われた故西岡常一の唯一の内弟子・小川三夫氏に取材したとき、小川さんは幸田文さんのことを語ってくれた。ここでは省くが、幸田文さんは法輪寺の再建にとてつもなく大きな役…
file.175『冬の標』乙川優三郎 中央公論新社
乙川優三郎が『生きる』で直木賞を受賞した後、初の作品。発表された2002年に読んで深く感動したものだが、22年の時を経て再読したとき、その感動が数倍も数十倍も大きく深くなっていた。…
file.174『日本人には塩が足りない』村上譲顕 東洋経済新聞社
ずっと思っていた。塩と糖を悪者にしていては、けっして健康にはなれないと。しかし、世の中は減塩・脱糖の大合唱。本書の帯にあるコピーが的確に本質を突いている。「減塩が元気と健康をそこな…
file.173『赤と黒』スタンダール 小林正訳 新潮文庫
23歳のころ、腎臓病を患い、2ヶ月以上も入院していたことがあった。痛みはなかったが安静を強いられた。8人部屋のほかの患者とはほとんど話をせず、ただベッドの上で過ごす日々は退屈で、夜…
file.172『禅とジブリ』鈴木敏夫 淡交社
禅に惹かれ、スタジオ・ジブリの作品をほとんど見ている者にとって見過ごしにはできないタイトルである。しかもジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏と対談する3人の禅僧は細川晋輔氏(龍雲寺住職…
file.171『龍宮』照井翠 コールサック社
「なんなのだ、この句集は!」読み進めていくうち、戦慄が走った。気に入った句や気になった句に付箋をつけていたのだが、気がつくとほとんどのページに付箋が貼ってあった。これでは付箋の意味…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ