多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

2019.07.18
鳥取といえば砂丘。枕詞のように、即座につながる言葉である。まあ、鳥取に来たからには一度は砂丘を拝まねばなるまいと、なかば義務感に駆られて行った。鳥取県知事が言うように、たしかに砂場が広がっていた。観光客はそれなりにいた。ラクダに乗るとかパラグライダーで上空から
2019.07.14
ずっと気になっていたところがあった。「日本一危険な国宝」と言われる投入堂(なげいれどう)である。鳥取県三朝町の三佛寺の断崖に建てられたお堂で、毎年5人くらい、滑落して死んでいるという。身の危険よりも好奇心の方がはるかに勝っていた。それほど危険な断崖に、昔の人が
2019.07.10
日本人の多くは、神が棲む社といえば伊勢神宮と出雲大社を思い浮かべるだろう。伊勢神宮は、広大な森に包まれ、森閑としている。そこに身を置くだけでただならぬ気配を感じる。うかつにオヤジギャグなど言えない雰囲気がある。一方、出雲大社は『千と千尋の神隠し』に出てくる神々
2019.07.06
広島市から車で1時間強、安芸太田市の太田川上流に、三段峡という名勝がある。渓谷沿いに観光用の遊歩道が整備されている。すべて歩くと5時間も要す。一帯は、長い間の浸食によって崖に断層が現れている。崖に這いつくばるように設置された道を歩きながら、滝や澄んだ水たまりや
2019.07.02
いろいろな城を訪れたが、新幹線の駅から最も近い城といえば、福山城である。なんとホームを降りたら、目の前に天守閣がそびえている。福山城は、1615年の「一国一城令」発布後に築城が始められ、22年に完成した。江戸幕府が開かれ、すでに社会は安定期に入った頃、なぜ新し
2019.06.29
前回に続き、神勝寺の話題を。神勝寺は、禅の理想郷だと書いたが、なんといっても特筆すべきは、彫刻家・名和晃平氏が監修した奇抜な瞑想空間「洸庭(こうてい)」であろう。レセプションも兼ねた松堂で入園料(1,200円)を払い、庭内に入って左へ曲がり、坂を上がったところ
2019.06.25
禅に惹かれて6年になる。本サイトや拙著にもたびたび書いているように、私は坐禅をするわけでもなく、ただ、日常のなかで禅の言葉を書き連ねたり、いったい禅の本質とはなんだろうと考える程度だが、少しずつ禅と自分が接近しているのがわかる。禅と聞くと、「厳しい修行」と連想
2019.06.21
以前、本欄でローソクタイムについて書いた。夜の9時頃、ローソクに火をともし、お香を焚き、照明をすべて落とし、ウイスキーを片手に1枚のCDを聴く。すぐ傍らにはうーにゃんが寄り添い、私はうーにゃんのお腹をモミモミしながら自由気ままに思いを馳せる。あれは言葉に言い尽

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ