多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 物語が生まれる場

物語が生まれる場

2019.12.14

 前回、古い建物のことを書いたから、今回は新しい建築物の話を。

 来年開催される東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場が完成した。建築家はご存知、隈研吾氏。地上5階、地下2階、建築面積は旧競技場の約2倍、6万人収容の巨大なスタジアムである。

 なにが素晴らしいかって、軒ひさしに使われた木材が、全国47都道府県から調達されたということ。各地方の代表が集まった威風がある。周囲の植栽は高中樹が約1000本、低木が約4万6000本と、神宮外苑にふさわしい「杜のスタジアム」となった。インド人が設計した当初案よりはるかに品格がある。さっそく来年元日のサッカー天皇杯決勝戦に使用される。その後もここを舞台にさまざまな物語が編まれることだろう。

 

 残念なことがあった。競技場の周囲の道路に敷設された真新しい街灯のポールに、「迷い犬を探しています」という手作りのチラシが多数、ガムテープで貼られていたのだ。ペットを失った哀しみはわかる。私もいまだにうーにゃんを失った哀しみが癒えない。

 しかし、国民共有の財産にガムテープで〝私ごと〟のチラシを貼るとは不届き千万。やむなくジョギングしながらすべて剥がしたのだが、ガムテープの糊がこびりついて取れないところもある。公共の財産に個人の張り紙をするというのは軽犯罪ではないのだろうか。

 しばしば思うのだが、どうでもいいことに目くじらをたてる一方、重要なことを見逃す風潮がある。

「そんなことを言うが、おまえは重要なこととどうでもいいことの区別ができるのか」と怒る御仁もいるにちがいない。

 両者には明確な境界線がないが、それを見分けようという意識を持って生きていることは事実。それを磨こうと、日々アンテナを研ぎ澄ませている。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の近作

『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

『父発、娘行き』

 

「美し人」最新記事 ガラス作家・植木寛子さん

「美しい日本のことば」

(191214 第954回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ