多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 音楽と友だちになる

音楽と友だちになる

2019.11.28

 今年の夏、十数年ぶりに知人と酒を飲む機会があった。その人(仮にSさんとしておこう)はこう語った。

「今年はマーラーの8番を生で聴けてよかった。マーラーの8番を生で聴いたのは2回目です」

 マーラーの8番か……。マーラーは好きな作曲家のひとりで、とりわけ第1番「巨人」と4番は愛聴している。しかし、7番と8番のCDは持っていなかった。8番は「千人の交響曲」の異名があるくらい大掛かりで、安易に聴くことはできないという印象があった。

 そのとき思った。食わず嫌いはいけない、ここはいっちょう、腰を据えて集中して聴いてみよう、と。

 その後、Sさんの薦めに従ってショルティ指揮の盤を買い、毎日聴き始めた。毎日必ず聴く。曲の背景を調べ、作曲家の意図などを知る。つまり、自分から作品に近づいていったわけだ。

 すると、どうだろう。半月もしないうちに、「千人の交響曲」との親和性が増してきた。1ヶ月続けて聴いたあとは、曲と仲良くなれたと感じた。

 ある日、ふと、ベートーヴェンの交響曲9曲のうち、第1番だけ馴染みがないことに気づいた。コンサートの演目にもならないし、CDで聴いたのも数度あるかないか。じゃあ、次はベートーヴェンの1番を集中して聴いてみようと思い、実行した。1ヶ月後にはこちらとも仲良くなれた。

 自分から近づけば親和性が増すということを知ったからには、これをルーティン化しない手はない。次は何にしようかと〝楽しみながら〟選んだ結果、プロコフィエフのピアノ協奏曲にした。たびたびプロコフィエフは天才だと聞いてはいたが、どういうふうに天才なのかわからない。CDはいくつか持っているが、ときどき『ロミオとジュリエット』を聴くていど。近代の作曲家(とくにロシアの)にありがちな、知的だが冷徹なイメージが先行していた。事実、聴きやすい曲はほとんどない。

 それからプロコフィエフのピアノ協奏曲1〜5番を毎日聴いた。やがて、難解だと思っていた曲が少しずつほぐれてくるのがわかった。1ヶ月過ぎてみれば、どれも〝お馴染み〟となり、今では無性にプロコフィエフを聴きたいときがある。

 その次はシューマンの歌曲『詩人の恋』を選び、目下毎日聴いている。歌曲を聴く機会はそれほど多くないが、怜悧な音楽をたくさん聴いたあとだからか、おのずと人の声の温もりを求めてしまったようだ。

 全体16章のうち、1〜4は恋が芽生え、花開くよろこびを。5は恋を失う予感を。6は恋を失う悲しみを押さえようとする葛藤を。7は失恋するが理性を失うまいとする自我を。8〜10は失恋の苦しみを。11は少しずつ心が恢復する様子を。12は無意識のうちに苦悩が昇華され美化し始める様子を。13〜15は恋のよろこびも苦しみも夢のなかに融け込んでいく様子を。16は恋愛を体験したことによって主人公が新しく変容するというように、恋愛の喜びと破局に至る葛藤、それにともなって人間的に成長する様子を描いている。いつの時代でも変わらない普遍の真理だ。聴きながら、若き日、味わった感興を想起した。疑似体験もいいものである。

 ところで、1ヶ月ごとに作品を選び集中して聴くというマイ・イベントに伴走してくれる人が現れた。私がこういうことを始めたと言うと、彼(仮にTさんとしておこう)も同じ曲を毎日集中して聴き、感想を述べ合うようになった。演奏家の異なるCDをいくつも貸してくれるなど、ひとりでやっているときよりもはるかに楽しいし、得るものがある。今月聴いているシューマンのほかに、Tさんが選んだグラズノフの交響曲5番も加わり、楽しみが倍加した。

 なにごともそうだが、人間関係の基本は「共鳴・共感」。Tさんは私の著書や私が推薦した本やCDを収める書棚を自宅に設けたくらい共感してくれている。得難い人である。

 聴き方を変え、曲と仲良くなる。これも「生活の軽妙化」の一環といえるだろう。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

最近の髙久の著作

●『父発、娘行き』

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『結果をだす男 中田宏の思考と行動』

 

●「美し人」最新記事 ガラス作家・植木寛子さん

●「美しい日本のことば」

(191128 第950回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ