多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 木を見て森を見ず

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

木を見て森を見ず

2019.12.18

 最近とみに「がん予防切除」という言葉を聞くようになった。遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)をもつ女性の乳房や卵巣を切除することで発がんのリスクを減らそうというもので、2013年、女優のアンジェリーナ・ジョリーが行ったことで一躍脚光を浴びることになったらしい。

 私は医学者ではないから迂闊なことは言えないが、また人間の悪い癖が始まったというのが率直な印象である。

 絶滅したニホンオオカミやエゾオオカミのことを連想した。

 その昔、農作物を荒らすシカやイノシシを食べてくれるニホンオオカミは大口之真神(オオクチノマカミ)と崇められていた。しかし、江戸時代、狂犬病の流行によってニホンオオカミも駆除の対象とされ、1905年を最後に姿を消した。

 エゾオオカミも「シカを狩る神」とアイヌの人々から崇拝されてきた。しかし、明治になって北海道開拓が始まるや、放牧していた馬の被害が増え、エゾオオカミの駆除が始まった。やがて絶滅。

 それによってどうなったか? シカやイノシシが増えすぎ、新たな被害を生んでいる。ニホンオオカミもエゾオオカミも生態系の頂点にいて、自然界の食物連鎖の重要な担い手となってバランスを保っていたのだが、人間が浅はかな考えのもと、手を出したがために生態系が狂ってしまった。

 佐渡ヶ島のトキもそうだ。農作物を食い荒らすサドノウサギを駆逐するため、本土からテンを連れてきたのだが、テンはサドノウサギのみならずトキまで捕食するようになり、絶滅に追いやった。今ではサドノウサギも希少種となり、人間によって保護され、方やテンは害獣扱いされている。このように、人間が目先のことに目を奪われ、作為を弄したことはことごとく裏目に出ている。

 戦後の全国的なスギ植林もそうだ。住宅建設の需要に応えるためという大義名分で途方もない数のスギ植樹をしたが、外国から安い木材が入ってきたことによって「放ったらかし」状態に。その後、スギ花粉を大量にばらまいて日本人を苦しめ(GDPを下げる要因ともなり)、森の保水力が失われ、豪雨になれば根が浅いため土砂崩れを引き起こして家屋を壊し、河川をせき止めて氾濫させる元凶となった。

 もちろんスギが悪いわけではない。本来の森を破壊し、効率よくスギを植えた人間が悪い。

 

 臓器は飾り物ではない。ほかの臓器、あるいは心とつながり、全体のバランスを保っている。たしかに発がんの高い部位を切り取れば、そこが発がんする可能性はかなり抑えられる。しかし、そのことによって全体のバランスが崩れる可能性はどうか? 術後、鶏ガラのようにやせ細ったアンジェリーナ・ジョリーの写真を見たことがあるが、とても健康体にはほど遠かった。

 スペインの思想家オルテガ・イ・ガセットは「専門化ほど判断を誤る」と言った。さもありなんである。ある分野に詳しいのが専門家。裏を返せば、ほかのことはわからない。つまり、全体を見ることができない人を専門家ということもできる。

 現代の西洋医学は専門化することで一見、進歩しているかのように思えるが、実際はますます病人を生み出している。全体を見失っているからにちがいない。心と体を切り離したことがそもそもの間違いだった。病は気からというように、心と体は密接につながっている。しかし、心の問題を考慮すると数値化できないため、心身二元論を持ち出し、心と体を切り離した。

 さらに各臓器の専門化を進めた。それによって全体を見られない医者が激増することになった。ほんとうは、Aという臓器が悪くなったのはBやCが影響しているかもしれない。さらに、BやCが悪くなった背景には、本人の生活習慣などが影響しているかもしれない。しかし、そういうことは考慮せず、ただ悪くなった部位だけを見て、切除したり対症療法的な治療に終始する。

 では、どうすればいいのか?

 一人ひとりが自分の体の声を聞き、医療機関に頼らず健康管理をすることだろう。ケガや伝染病、小児科など一部を除き、病院に頼らない。そういう意識改革が必要だ。

 もっともHBOCの人は、そんな悠長なことを言っている場合じゃないのかもしれない。いつ発症するかと心配しながら生きるのもしんどいはずだ。ただ、もし私の家族がそういう診断をされても予防切除は絶対にさせない。

「木を見て森を見ず」という発想では根本的な解決ができないことだけは明らかだ。オーケストラの指揮者のように、専門分野にも通暁して全体を俯瞰し、統率できる人材がいればいいのだろうが、そういう人はいそうもない。だからこそ日本は〝病気大国〟になっているとも言える。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の近作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『父発、娘行き』

 

●「美し人」最新記事 ガラス作家・植木寛子さん

●「美しい日本のことば」

(191218 第955回 写真・直接本文とは関係ないが、自然が絶妙な場バランスを保っていることは想像できる)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ