多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

多樂スパイス

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

Topics

2013.12.31
「今年はどんな一年だった?」と海に訊かれた。「ここ十数年、今年が今まででいちばんいい年だったと思いながら大晦日を迎えているけど、今年もそうだったよ」「それは幸せ者ね。おそらく、私を
2013.12.26
以前、広島での肋骨ヒビ割れ事件のことを書いた小欄でもふれたが、「親子農業体験塾志路・竹の子学園」の10年の軌跡をまとめたムック(BookとMagazineの要素を兼ね備えたという意
2013.12.22
かねてから行きたいと思っていた五合庵を訪れた。良寛さんは、数年前まで、私の〝偉人範疇〟にはまったくかすりもしなかった人物だ。好きになれる要素がほとんどなかった。良寛さん以外にもピン
2013.12.17
朝起きると、ひとまずヤッカイな仕事をする。「ヤッカイな」、とは「難易度が高い」ということであり、「集中力が必要な」とも言い換えられる。そういう仕事をやっつけた後、心地よい充足感を味
2013.12.13
『Japanist』で活躍している写真家・森日出夫さんの誕生パーティーに参加したついでに、横浜美術館で開催されている「下村観山展」を見た。相変わらず、森さんの誕生パーティーはすごか
2013.12.09
特別秘密保護法が成立した。自民党の、なかば強引とも思える国会運営、役人主導による内容の善し悪しはともかく、今、こういう法律が日本に不可欠だということは明言できる。しかし、今回もわけ
2013.12.05
このところ、弊社が関連した本の新刊ラッシュである。あかつきゆうこさんの『幸せの隠し味』が、上梓とあいなった。著者名はペンネームで、実名は関口暁子さん。「暁」をひらがにして姓にし、そ
2013.12.01
「世界でもっとも僻地にある美術館」とも言われているMIHOMUSEUMへ行った。琵琶湖の南、信楽にほど近い湖南アルプスの山中に立つ、じつに個性的な美術館だ。この美術館の存在は、川端
2013.11.26
地球環境の危機が叫ばれて久しいが、森林の急速な減少も大きな問題となっている。今、一年間でほぼ日本全土に匹敵するくらいの森林が消滅しているという。建築材として伐採されているからだ。で
2013.11.22
わが社(株式会社コンパス・ポイント)の出版事業部であるフーガブックスから『小さなともしび』を刊行した。著者は、鈴木由紀さん。『Japanist』第7号から18号に掲載した「おばあち

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ
Recommend Contents
このページのトップへ