多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

2013.12.31
「今年はどんな一年だった?」と海に訊かれた。「ここ十数年、今年が今まででいちばんいい年だったと思いながら大晦日を迎えているけど、今年もそうだったよ」「それは幸せ者ね。おそらく、私を田んぼのあぜ道で拾ってからますます運が向いてきたんじゃない?」「あ、そうかも!と
2013.12.26
以前、広島での肋骨ヒビ割れ事件のことを書いた小欄でもふれたが、「親子農業体験塾志路・竹の子学園」の10年の軌跡をまとめたムック(BookとMagazineの要素を兼ね備えたという意)の編集を進めてきた。それが、12月27日、完成する。このムック『Takenok
2013.12.22
かねてから行きたいと思っていた五合庵を訪れた。良寛さんは、数年前まで、私の〝偉人範疇〟にはまったくかすりもしなかった人物だ。好きになれる要素がほとんどなかった。良寛さん以外にもピンとこない人はたくさんいた。有名どころでは、太宰治。文体がくどいこともさることなが
2013.12.17
朝起きると、ひとまずヤッカイな仕事をする。「ヤッカイな」、とは「難易度が高い」ということであり、「集中力が必要な」とも言い換えられる。そういう仕事をやっつけた後、心地よい充足感を味わいながら、新宿御苑の門をくぐり、しばしジョギングをする。なにしろ、自宅から門ま
2013.12.13
『Japanist』で活躍している写真家・森日出夫さんの誕生パーティーに参加したついでに、横浜美術館で開催されている「下村観山展」を見た。相変わらず、森さんの誕生パーティーはすごかった。約200人がひしめきあい、和気あいあい熱気ムンムンなのだ。食べ放題・飲み放
2013.12.09
特別秘密保護法が成立した。自民党の、なかば強引とも思える国会運営、役人主導による内容の善し悪しはともかく、今、こういう法律が日本に不可欠だということは明言できる。しかし、今回もわけのわからない連中が国会の周りでデモを繰り返した。じつは、「わけのわからない連中」
2013.12.05
このところ、弊社が関連した本の新刊ラッシュである。あかつきゆうこさんの『幸せの隠し味』が、上梓とあいなった。著者名はペンネームで、実名は関口暁子さん。「暁」をひらがにして姓にし、その対語である「夕」を名前にもってきたというあたりはなかなかのもんである。以前、弊
2013.12.01
「世界でもっとも僻地にある美術館」とも言われているMIHOMUSEUMへ行った。琵琶湖の南、信楽にほど近い湖南アルプスの山中に立つ、じつに個性的な美術館だ。この美術館の存在は、川端康成と安田靫彦の交流を描いた『大和し美し』という本で知った。上空から写したこの美

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ