多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 自分の人生を生ききった下村観山

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

自分の人生を生ききった下村観山

2013.12.13

観山絶筆 『Japanist』で活躍している写真家・森日出夫さんの誕生パーティーに参加したついでに、横浜美術館で開催されている「下村観山展」を見た。

 相変わらず、森さんの誕生パーティーはすごかった。約200人がひしめきあい、和気あいあい熱気ムンムンなのだ。食べ放題・飲み放題で1,000円。いまどきの激安居酒屋よりはるか上をいく価格破壊は、デフレ退治をしている政府から睨まれるかも? しかも、寄席やライブ演奏付き。さすがぁ、森さん。顔が大きい、じゃなくて、顔が広い。太っ腹!

 それはともかく、下村観山展では久しぶりに唸らされた。

 もともと岡倉天心とともに北茨城の五浦へ都落ちした一派のなかでも大好きな画家だった。横山大観と並び称されることが多いが、私はどちらかというと観山の方が好きだ。

 今回の見所は、彼の一生を俯瞰できること。11歳の頃の作品から、死の直前に描いた作品まで、下村観山がどのように自分の画境を開拓し、どのように熟成させ、どのように終着点にたどり着いたかがわかる。

 観山の絵画修業は、9歳の頃から始まる。中国の故事を題材にしたものや、自然をモチーフにしたものなどを狩野派特有の線描で何枚も何枚も描いている。いわば、基礎を固めた時期だったのだろうが、すでに老成している観があった。

 やがて、天心と出会い、日本美術の新境地を拓かんとさまざまな画風に挑むが、なんといっても際だっているのは、ある特定のスタイルを極めたというような技術的なことではなく、「目に見えないもの」の描写が卓越しているということ。天心は弟子たちに抽象的なテーマを提示し、感性と技術の両方に磨きをかけることを重要視した。例えば、清麗、温和、豪放、流麗、沈着などといった言葉を与え、その言葉のイメージを自分なりに消化し、絵画で表現することを求めた。仕上がった作品を前にして、「音が聞こえない」「火が燃えていない」「風が流れていない」などと叱責したこともしばしばだったという。

 観山の作品には、ただ目の前にあるモチーフを描いたというものを超えた空気感がある。だから、観る者をとらえて離さないのだろう。

 絶筆となった『竹の子』は病床に伏しているとき、友人からお見舞いに送られた竹の子を描いたものだが、竹の子や籠の線など、いささかの衰えも見せていない。しかし、これを描き上げた8日後、帰らぬ人となった。揮毫をする際、もしかしたら、これが最後の作品になるのではないかと思ったかもしれない。そう思いながらこの作品を見ると、人間の一生の長大な物語が透けて見えてくるのである。

 

横浜景観 ところで、久しぶりに横浜美術館を訪れたが、目の前に大きな建物が立っていて驚いた。MARK IS という商業ビルで、それ自体は目新しいことはないのだが、外観のデザインに惹かれた。右写真のように、大きなプランターをいくつも設け、植物を効果的に使っているのだ。もともと、みなとみらいは自然発生的にできた街ではないので大木もなく、人工的な感じは否めないが、こういうことのひとつひとつが表情を変えていくのだと思う。都市デザインのあり方として、横浜のこのエリアはかなり先進的だ。

(131213 第473回 写真は下村観山の絶筆となった『竹の子』と横浜美術館前のMARK IS みなとみらい)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ