多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 2013年を振り返って

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

2013年を振り返って

2013.12.31

何も見たくない海 「今年はどんな一年だった?」と海に訊かれた。

 「ここ十数年、今年が今まででいちばんいい年だったと思いながら大晦日を迎えているけど、今年もそうだったよ」

 「それは幸せ者ね。おそらく、私を田んぼのあぜ道で拾ってからますます運が向いてきたんじゃない?」

 「あ、そうかも! とすると、おまえは幸運の雑種ネコだったんだ」

 「雑種はよけいよ」(プンプン)

 

 という会話の後、海は爆睡状態に入った。

 たしかに今年は大きくものごとが動いた一年だった。新宿御苑の門まで徒歩10秒という立地にマンションを購入し、家族が一堂に会したこと(宇都宮市の自宅もときどき使っているが)、神楽サロンで毎月1回、多樂塾を開講したこと、初めてアフリカの大地に立ったこと、再び一人で『Japanist』の編集をすることになったこと、禅僧で禅庭デザイナーの枡野俊明氏への取材をきっかけに、禅語を覚え始めたこと(現在、152本。毎日朝夕、思い出しては紙に書いている)、『 高粱の一粒 』や『Takenoko』を編集したこと、時の人ともいえる百田尚樹氏に取材したこと、年末には好きな作家・内海隆一郎氏にお会いできたこと(次号より連載開始予定)、第3回目の「ジャパニストの集い」を開催し、田口佳史先生をお招きできたことなど、特筆すべきことが多々あった。

 また、北アルプスの蝶ヶ岳に登ったことや安達太良山にリベンジしたこと、新宿御苑という格好の〝庭〟を得て、再びジョギングを始めたことなど、体力の衰えを最小限に食い止めようという涙ぐましい(?)努力も継続中だ。

 来年もいくつかの本の執筆や編集があり、構想は膨らむばかりだ。台湾にも取材で行ってみたいと思っている。

 今年1年間、ご愛読ありがとうございました。

 読者の皆様にとって、来年も良い年でありますよう願っています。

 (131231 第477回 写真は夢の中を散歩中の海)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ