夢見るビーズ
HOME > Chinoma > 夢見るビーズ > はかどらない夢

はかどらない夢

2019.08.05

夢は面白い。自分を正直に語ってみせるから。

調子のいい日は大がい夢を見ることはない。

ストレスが溜まる日が続いたあとは、必ずと言っていいほどすごくいやぁ~な夢を見る。

寝覚めが悪いという言葉づかいがあるが、正に明け方に見る夢は、起きても気持ちがスカッとしない。

「ああ夢で良かった」という安堵感はあるものの、自分としては全く面白くないのである。

どうしょうもない夢に捕われた自分が忌々しい。

この忌々しい夢のことを私は「はかどらない夢」と名づけて忌み嫌っている。

でも時には面白い夢を見たり、有難い! と拍手が出るくらいのアイディアは夢のお告げである。

しかし周期的にこのはかどらない夢はやってくる。

 

今朝は正にそういう一日の始まり。夢はこういう具合である。

飛行機の到着が遅れたとか何とかで、どこかわからない狭いロビーは大混雑だ。

友達が呼んでいるのに、すぐそばなのになかなけたどり着けない。ほどけた靴ひもが上手く結べない。

そのうち切符をとりだそうとバックを開けるのだが、見当たらない!もうパニックである。

そうこうしているうちに友人はずっと向こうの彼方へ。これらは全てがぼんやりとして、気持ちとは裏腹にスローモーションな風景なのである。

いつの間にか一人で飛行機に乗っている私。それは一人ぼっちの行き先の分からない心細い旅……。降り立った場所も分からず、茫然と立ちすくむ私。

……とまあこの辺りでおバカな夢は覚めてくれるのだが、このなんとももどかしく、歯がゆい状況と言うのはいつも変わらない。

 

ちょっと気分転換をしてみましょう。

「はかどらない」はどんな漢字を書くのかしら?「計どらない」ではないわよね。

辞書には、ありました!ありました。何と「捗る」ですって。作業が捗る、勉強が捗る、と適切な用語まで載っている。

捗々しい(はかばかしい)進展、に至ってはすっかり度肝を抜かれてしまった。

突如編集者Tさんのメールの一文がこの字に呼応するように蘇ってきた。

「夢のお告げはありましたか? 文章の進捗も含め、ゆっくりランチでもしましょう」

いつも彼女は心優しくおだやかである。

でもその時私は進捗(しんちょく)という字が読めず、Tさんの誤植だとあっさり決めてしまっていたが、何故か気になる二文字ではあった。

俄然本気になって検索を始めた。

何と進捗という字は今やネット上では当たり前に使われていて、特に若者の間では一番ぴったりとくる用語で、仕事が進む、前へ進め、という時に特に使われるらしい。

捗らないとマイナス思考の私も、捗るに変えれば何と世界は明るくなることか。

喜寿を目前にして、少々恥ずかしくもあるが、新しい知識を得てとても愉快である。

蛇足ながらもう一つ、小さい頃、「今日ははかがいったね」と言っていたあの言葉、てっきり故郷の方言だと思っていたけれど「はかがいく」という言葉も辞書には載っている。

 

はかどらない夢

 

写真 大橋健志

Profile

木曽 康子

木曽 康子

ビーズフラワー、アクセサリーを中心にビーズワークを続けて半世紀。

東京(自由が丘・銀座)・宇都宮のギャラリーにて個展多数。2012年 フーガブックスより随筆集「海流の旅人」を出版(ペンネーム 林 檸檬)。2017年 ビーズ作品の写真と、エッセイを収めた「ビーズの見る夢」を出版。宇都宮市在住。

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ