死ぬまでに読むべき300冊の本
HOME > Chinoma > 死ぬまでに読むべき300冊の本

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ
ちからのある言葉
ちからのある言葉

死ぬまでに読むべき300冊の本

どんなに時代が変わろうとも、本が人類の知的財産であることに変わりはありません。
少年の時分より、本を師と仰ぐ髙久多美男がさまざまなジャンルから独断と偏見で選んだ300冊の本。
本選びの際の参考書として、活用してください。(テキスト/髙久多美男)

Topics

file.008『竹林精舎』玄侑宗久 朝日新聞出版
禅宗の僧侶であり、芥川賞作家でもある玄侑宗久の最新長編作。玄侑の作品はかなり読んでいる。東日本大震災をテーマにした短編集『光の山』(芸術選奨文部科学省受賞)はなかでも秀でていると思…
file.007『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』村上春樹 新潮社
村上春樹はデビュー作『風の歌を聴け』からすべてリアルタイムで読んでいる。次作の『1973年のピンボール』までは、時代を表した軽い小説としてしかとらえていなかったが(それでいて買って…
file.006『死せる魂』ニコライ・ゴーゴリ 岩波文庫
未完成の作品である。シューベルトの「未完成」のように体裁が整っているのならまだしも、この作品は大事なものが決定的に欠けている。ゴーゴリはダンテの『神曲』をも意識して3部構成で書き始…
file.005『学生との対話 小林秀雄』国民文化研究会/新潮社編 新潮文庫
夜盗に入った下手人に組み敷かれ、ナイフを喉元に突きつけられても冷静さを失わずに説教し、改心した男が後日、菓子折りを持って小林秀雄のもとを再び訪ねたというエピソードがあるが、この本を…
file.004『日々の光』ジェイ・ルービン著 新潮社
アメリカ人作家・ジェイ・ルービンは、夏目漱石や芥川龍之介、村上春樹などを英訳している。75歳を過ぎて初の小説を出したというのがユニークだ。もっとも、作品は1987年末に仕上がってい…
file.003『マチネの終わりに』平野啓一郎著 毎日新聞出版
男女の恋愛物語といえば、行間に情念が溢れかえっているようなものが多い。しかし、この作品は、理や知が情念を抑えている。そういう意味では、現代版・藤沢周平と言えなくもない。主人公は、世…
file.002『モンテ・クリスト伯爵』アレクサンドル・デュマ著 大矢タカヤス訳 新井書院
少年の頃から古今東西の小説に親しんできた。小説の醍醐味が最も凝縮されている作品を選べと言われれば、この『モンテ・クリスト伯爵』をあげる。「このあとどうなるんだろう?」という先を読ま…
file.001『世界に誇れる日本人』渡部昇一著・PHP文庫
日本の歴史には凄い人物がゴロゴロしている。この本は、タイトルにもあるように、日本の偉人を世界のものさしで書いた本である。日本史のなかから自分の好きな人物をセレクトし、一冊の本にまと…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ