多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

ADVERTISING

ココロバエ
美し人
ちからのある言葉
ちからのある言葉

多樂スパイス

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/髙久多美男)

Topics

2015.02.15
のっぴきならない世界を垣間見てしまった。それが正直な感想だ。水石(すいせき)。『Japanist』でご紹介した盆栽作家・森前誠二氏のお誘いで、東京都美術館で開催されている「水石展」
2015.02.08
友人の三村邦久さん(『Japanist』で連載中)が主催したパーティーに参加した。ご実家で作られている山田錦を使って造った新酒のお披露目会である。場所は森日出夫さんのアマノスタジオ
2015.02.01
正月明け、梅の盆栽を求めて銀座の雨竹庵を訪れた。『Japanist』でご紹介した盆栽家・森前誠二氏の店である。残念ながら梅はなかったが、替わりに、フキノトウの鉢植えをいただいてしま
2015.01.25
と、のっけからつまらない冗談で始まったのにはワケがある。約13年ぶりに10キロを走り、目標を上回る結果を出せたからだ。48分12秒。30代の中頃から10キロ走に参加するようになり、
2015.01.18
『Japanist』の構想が固まって作業に着手したのが2008年暮れ。気がついたら6年以上が過ぎ、もうすぐ第24号が完成する。なにごとも思いつきで始まることは簡単。しかし、続けるの
2015.01.13
月の動きが気になるようになった。きっかけは知人から教えられた『木とつきあう智恵』(エルヴィン・トーマ著)を読んだことだ。オーストリア人の著者は木材の製材業を営んでいるが、新月の日に
2015.01.08
新春あけましておめでとうございます。本質的に生きる、これが私の最大の眼目だ。そのために、なるべく長期的、包括的、宇宙的なものの見方、考え方、とらえ方をしようと意識している。最近のお

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ