多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 爽快、爽快、あらソーカイ

爽快、爽快、あらソーカイ

2015.01.25

スタート前 と、のっけからつまらない冗談で始まったのにはワケがある。

 約13年ぶりに10キロを走り、目標を上回る結果を出せたからだ。
 48分12秒。
 30代の中頃から10キロ走に参加するようになり、40分10秒くらいで走っていた。39分代を目標にしていたがついに叶わず、むしろ年ごとにタイムは後退し、42歳の頃、ついに53分くらいまで落ちて、「これが歳をとるということか」とあきらめ、その後はもっぱらウォーキングに重点を置くようになった。
 しかし、ウォーキングはしょせんウォーキングで、どうにも達成感がなくて、物足りない。
 そこで昨年はじめ頃からランニングに切り替えたのだが、これがドンピシャだった。新宿御苑の門と住まいの玄関が向かい合っているという条件にも恵まれた。
 朝は開門と同時に苑内を走る。御苑が閉まっている日は、外苑や赤坂迎賓館の方まで足を伸ばす。そんなことを続けているうちに楽に走れるようになり、知人の誘いもあって新宿シティマラソン10キロの部に参加したわけだ。
 コースがいい。神宮球場と日本青年館の間をスタートし、球場の外周を回って青山のイチョウ並木へ。途中で折り返すと、目の前には聖徳記念絵画館が現れる。
 絵画館の前に設けられた給水ポイントを抜け、JR信濃町駅前へ。慶應大学病院に沿った細い道を下り、外苑西通りへ。そこは以前住んでいたところで、ケヤキ族の左馬之助や凜子がいる。心の中で挨拶をし、気分を新たに青山方面へ。途中で左に折れてスタート地点に戻るというコースを3周し、最後は神宮球場の中のフィニッシュ地点へ向かう。
 角度を変えるたびに風景が変わり、目を楽しませてくれるコースなのだ。
走る高久 昨年から禅に取り組んでいるが、それも功を奏したようだ。なんとなく、無心というか、周囲の自然と一体になれたというか、リラックスして走れたのだ。時間も気にならず、腕時計を見たのはゴール前だけだった。
 自分なりに、無心になれる秘訣がある。青空を見たり、木々の枝や葉っぱを見たり、雲の流れる様子を見ること。自分がそのなかの一部になったように感じられる。
 もうひとつの方法は、何人抜いたかを数えること。今回は参加者が多く、1周目は周りのペースに合わせるしかなかったが、2周目からシフトチェンジし、どんどん抜いていった。結局、166人を抜いてゴールした。
 13年ぶりだったにもかかわらず、タイムを縮めることができたのは大きな喜びだ。もっと練習すれば、30代の頃に叶わなかった39分代も夢ではないかもしれないと思い始めている。できるかどうかわからないが、可能性を信じることができるというのは幸せなことだ。
 最近、記憶力も大幅に伸びていると感じられるし、原稿を書くスピードも質も上がってきた。
 人間は歳とともに成長できるのだ。それがわかって、嬉しくてしかたがない。
(150125 第541回 写真上はスタート地点の高久。下は走る高久)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ