多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

2016.12.30
毎年末、一年をふり返り、個人的な10大ニュースを決めている。今年はひとことで言えば、いい意味での「陰の年」だった。朝がきて夜がくるように、四季が巡るように、あるいは好調と不調の波があるように、森羅万象は陰陽の繰り返しだ。ずっと陽ということも、ずっと陰ということ
2016.12.24
今年の9月下旬以来、書き進めてきた『扉を開けろ小西忠禮の突破力』(弊社刊)が年末に完成する。この本の企画は、点と点が重なるような偶然がつながって、形になった。もとはといえば、私が13年前に書いた『魂の伝承—アラン・シャペルの弟子たち』を読んだS氏が、本の中に知
2016.12.20
前々掲、『扉を開けろ』の最後に、私なりのフランス料理文化論のようなものを書いたのだが、その中で「世界の料理の中で、日本料理とフランス料理が双璧だと思う」という記述がある。あくまでも私の主観だが、さまざまな要素を考慮しても、その結論は変わりそうもない。そう聞くと
2016.12.16
眠りとはなんだろう。なんのためにするんだろう。若い頃は、眠ることがもったいないと思っていた。「死んでいる」ような時間をもっと短くできないものかと。しかし、今はちがう。いい眠りは、いい人生の必須条件だと思っている。逆もまた真なり。いい眠りのない、いい人生はない。
2016.12.10
帰りの切符を持たず、宿も職も決まっていない若者が、わずかばかりの現金を握りしめてフランスへ渡り、「リッツで働く」という夢を実現し、その後、超一流のレストランで修業。60歳を機に料理人人生にピリオドを打ち、今は子どもたちのために神戸で幼稚園経営をしているという人
2016.12.06
小池知事に期待していることがある。都内の電柱埋設工事を速やかに進めてほしいということ。彼女は以前より、景観や防災の観点から電柱の地下埋設を主張していたが、とても素晴らしい視点だと思う。日本人の多くは電柱や電線があるのは当たり前だと思っているようだが、欧米のほと
2016.12.02
ほぼ4日ごとに更新している本ブログ。年末に上梓する『扉を開けろ』の最後の追い込みやら『Japanist』次号の取材ラッシュやら、他にも諸々あってどうにも時間のやりくりがつかず、今回は写真を大きくしてお茶を濁す。いいなあ〜、お茶を濁すって言葉。とっても便利です。
2016.11.26
『Japanist』次号の対談を終えた。ゲストは禅僧で芥川賞作家の玄侑宗久氏。かねてから会いたいと願っていた人である。〝ナマ〟の玄侑さん、期待にたがわず、スゴイ人だった。ひとことでいえば、本質直結型。そうなりえたのは、豊富な人生体験による。なにしろ、高校時代は

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ