多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > アフリカ音楽のしなやかな強さ

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

アフリカ音楽のしなやかな強さ

2016.11.22

%e3%83%a6%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a5%e3%83%bc%e3%83%ab 前々回に続き、音楽ネタを。

 ワールドミュージックに魅了されるきっかけになったのは、ボブ・マーリィだ。一説によるとボブ・マーリィが有名になったのは、エリック・クラプトンが「I Shot The Sheriff」をヒットさせてからだとされている。ほんの少し前にポール・サイモンがレゲエのリズムを取り入れて「Mothe And Child Reunion」を発表した頃は、レゲエではなくレガエと発音されていたのだから、たしかにその説は信憑性がある。
 ボブ・マーリィは今でも私にとって、とんでもないアーティストだが、ワールドミュージックといえば、アフリカものだと思っている。ロックやジャズをさんざん聴き、クラシックを深掘りするのと同時に、アフリカの音楽にのめり込んでいった。
 きっかけは、ピーター・ガブリエルの「In Your Eyes」だ。エンディングの途中で、なにやら獣の咆吼のような声が湧き上がってきて、フェイドアウトするのだが、あの数十秒で世界のロックファンが度肝を抜かれた。もちろん、私もそうである。「な、なんだ? こいつは!」と。
 それがセネガルのユッスー・ンドゥール(右上)である。名前のはじめに「ン=N」がつくというのも印象的だった。
 その後、ユッスーは「Nelson Mandela」で世界デビューする。
 しなやかで強靱でリズミカルで……。東洋人にも西洋人にもない、新鮮な衝撃だった。それ以前にも、アレサ・フランクリンなどR&Bのアーティストによって黒人の歌には魅了されていたが、アフリカ人の力量はさらに上をいっていた。
 やはり、ベースが違う。大草原で遠くまで届く声、声色によって情報を使い分ける、敵が来たら全速力で逃げる、五感を研ぎ澄ましあらかじめ危険を察知するなど、動物として備えていた能力をいかんなく発揮し、それを独特の音楽スタイルに昇華させているのだから、すごくないはずがない。
https://www.youtube.com/watch?v=kWU5AOU7ZxA&index=1&list=PLpM0rIgR6BUpcq9LkxKRkVRjow-XHYPTW

 

%e3%82%a2%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%af%e3%83%86 90年代なかばに世界デビューを果たしたアビブ・コワテ(写真下)もお気に入りだ。彼はマリの出身。現在、セネガルやマリは音楽の輸出によって貴重な外貨を稼いでいるというくらい、天性のアーティストがゴロゴロしている。
 アビブはなんといってもアコースティックギターとヴォーカルのからみがいい。歌い方は、どこか哀愁を帯びている。その淵源は、虐げられてきた自分たちの過酷な歴史だろう。
https://www.youtube.com/watch?v=Cj1Rqvrmd9c

 

 同じくマリ出身のサリフ・ケイタも好きだ。声もリズムも鋼(はがね)のように強靱だ。
https://www.youtube.com/watch?v=2BE4eiWLgnA

 

 ロックもジャズもワールドミュージックも、そしてクラシックも浴びるように聴いてきた。ローリング・ストーンズの70年代の約10枚は、それぞれ数千回は聴いたと思う。それでも飽きない。現代にまで残っているクラシック音楽は、人類共通の財産だとさえ思っている。
 そんな私にとって未開拓の分野は何だろう。おそらく日本の音楽なのだと思う。とはいっても、Jポップというのはありえない。死ぬ少し前に、演歌が好きになるかもしれない。そういう気がする。
 以前、船村徹氏を取材した時、「美空ひばり、船村徹の世界を歌う」という4枚組のCDをいただいた。それを聴くと、たしかに本物だと思った。たびたび聴いているわけではないが、地中に埋められている黄金だという気がする。
(161122 第681回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ