多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > いい仕事をするために、人を選ぼう

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

いい仕事をするために、人を選ぼう

2016.11.18

 「なにが欲しいの?」

 ある日、酒を飲みながら食事をしている時、妻に訊かれた。
 はたと考え込んでしまった。いったい、なにが欲しいんだろう? いろいろ考えるが、具体的に浮かんでこない。
 まず、住まいについては答えが出てしまった。導かれるようにして、今住んでいる物件に出会ったが、よほどのことがない限り終の棲家となるだろう。御苑の懐に抱かれるようにして日々を送れるなんて、よもや考えたこともなかった。郵便受けには頻繁に「売却しませんか」というチラシが入っているが、どんなにお金を積まれても、売却することはないだろう。というわけで、住まいに関する望みはない。
 今乗っている車はもうすぐ10年になろうとしているが、これ以外に乗りたい車はない。もし動かなくなったら、次はなにを買おうかと思うと、困ってしまう。なにも浮かばないのだ。
 その他、あれこれ考えても、欲しいものがまったく浮かんでこない。いいのか悪いのか……。
 「特にないね」
 そう答えると、「じゃ、なにがしたいの?」とたたみかけてきた。
 こっちはいろいろ浮かんでくる。アジアンリゾートで一週間くらいネコのように過ごしたいとか、車で日本一周したいだとか。
 でも、これも決め手がない。アジアンリゾートはたしかに魅力的だが、さんざん楽しんだからだいたいどういう快感を味わえるかわかっている。嫌みに聞こえるかもしれないが、無性に食べたいものもない。食べた時の感動がだいたいわかるから。
 いろいろ考えると、やはり「いい人たちと、いい仕事がしたい」に行き着く。これが明快な答えだ。そのためにこそ、いつも健康で、全力で仕事に向かえる状態にしておきたい。
 不思議なことに、今、私の周りに嫌な人はいない。もともと私は人間があまり好きではない。「ほんっとに人間はロクなことをしないよな」といつも思っているし、電車に乗ればスマホ片手に俯いている大勢の人を見て、「やっぱりバカばっかりだぁ!」と内心ほくそえんでいる。
 しかし、私が会う人はユニークな人ばかりである。
 だいたい、会合とか会食とか取材など、人に会うのは一日1件くらいと決めている。執筆やら制作やらに時間を注がなければいけないので、どこかで一線を引いているのだ。だから、私のスケジュール帳がまっ黒けになるということはない。そもそも50歳まではスケジュール帳を持っておらず、すべて頭の中に入れていたくらいだから、そんなに予定は入っていないのだ。
 一日に会う人は少ないが、どの人も一緒にいて心地良い。みんなユニークで愛すべき人間だ。もちろん、仕事に関わっている人を含めて。
 こういう状態になれたのは、人を選んだからだと思っている。とにかく嫌な人とは会いたくないし、仕事をしたくない。それをずっと通してきたから、こうなれたのだと思う。
 創業以来、「朝起きて、今日は嫌だな」と思ったことがないというのは、ただの偶然ではないのだ。
 さあ、皆さん。人を選ぼう。
(161118 第680回)

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ