多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 海の向こうにはなにがある?

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

海の向こうにはなにがある?

2016.12.10

%e6%b0%b7%e5%b7%9d%e4%b8%b8 帰りの切符を持たず、宿も職も決まっていない若者が、わずかばかりの現金を握りしめてフランスへ渡り、「リッツで働く」という夢を実現し、その後、超一流のレストランで修業。60歳を機に料理人人生にピリオドを打ち、今は子どもたちのために神戸で幼稚園経営をしているという人を描いた『扉を開けろ』がようやく脱稿となった。

 まだ1ドル360円の時代、海外へ行くこと自体、きわめて困難だった。そんな時代に、片道の料金が給料の丸々2年分もする船に乗って大海原を進んで行った時、彼はどんな心境だったのだろうと、書きながら何度も思った。右上写真は横浜港に繋留されている「氷川丸」だが、彼が乗り込んだ船は「ラオス号」という名の貨客船だった。船底近くにある3等室はまったく日もささず、10ワットほどの薄暗い電球があるだけの〝営巣〟のような部屋だった。

 

 海の向こうにはなにがあるんだろう? 私も子どもの時分は何度もそういう思いにかられた。海外の文学に夢中になっていたのだが、そこに描かれている光景と身の周りの光景のあまりの落差に驚いたのだ。身の周りはつまらない世界なのに、海の向こうにはいろいろなものが渦巻いている。いいことも悪いこともたくさんある。それを見たい。そう思った。
 どんな仕事に就いてもうまくいかなかった20代前半、海外へ移住したいと思ったこともあった。もちろん、アテがあってのことではない。これをやりたいという意思があったわけでもない。ただ、日本の社会との親和性は見いだせそうにないと思い始めていたのだ。いや、もっと正直に言えば、ただ目の前の問題から逃避したかったのだ。
%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%a6%e3%81%ae%e6%b8%af 幸いというか不幸というか、仲間を集めて同人誌を作り、やがて今の仕事につながるような境遇になって「海外へ移住したい」という熱は急速に冷めたが、あの時、あのまま行っていたらどうなっていただろうと思うこともある。皿洗いからのし上がれるような人間ではないだろうから、ボロボロになって帰国したか、あるいはどこかで野垂れ死んだか。

 

 『扉を開けろ』の主人公・小西忠禮は、45日間の航海の末、南仏のマルセイユに着く。そこから徒手空拳で闘いを挑み、自分の扉を次々に開けていくのである。他人の体験ながら、まるで我がことのように感じながら書き進めてきた。
 完成は年末です。
(161210 第685回 写真上は横浜港に繋留されている氷川丸。下はマルセイユの港)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ