人の数だけ物語がある。
HOME > インタビューブログ

Introduction

人の数だけ物語があります。本欄では、月3回、インタビュー形式でさまざまな物語を紹介します。

Interview Blog Topics

ローカルな情報を地域の人に、楽しく発信してきたい。
Vol.59株式会社宇都宮コミュニティメディア 代表取締役 局長稲葉克明さん
栃木県宇都宮市のコミュニティFM『ミヤラジ』は2017年3月8日に開局。実際に放送局を創るためには課題も多く、設備投資や運転資金など多額の資金が必要です。SNSが全盛のこの時代に「今さらラジオ?」という声も聞こえたといいます。そのような状況のなか、なぜコミュニティFM放送局の開局に至ったのか。そこに
 
イノベーションを興す、きっかけづくりをします。
Vol.58株式会社ファーム・アルファ代表取締役、イノベーションコンサルタント、茶道裏千家専任講師村田博信さん
SAP、戦略系コンサルティングファームを経て、現在は新規事業のプロデュースやプロジェクトマネジメント、イノベーション人材育成などに従事している村田博信さん。アカデミアでは芸術文化を通じた社会システムのデザインに取り組み、官民の連合体である一般社団法人Future Center Alliance Ja
 
新たな挑戦が、また次の挑戦へとつながる。多業種経営の面白さがここにあります。
Vol.57SUN FLAT PROJECT 代表取締役岡田陽平さん
車事業・飲食事業・美容室の多業種を経営している株式会社SUN FLAT PROJECT(サンフラットプロジェクト)は、もともと中古車販売店でした。代表の岡田さんは常に将来を見据え、その時々の経験からさまざまなことを感じ取り、学び、自分と会社を成長させてきました。ある時期が人生の大きなターニングポイン
 
自力で切り拓き歩んできた道のりも、これからは馬とともに歩いてゆく。
Vol.56有限会社イネッツ・ツー代表取締役、調教師坂口昇さん
誘導馬の管理や調教などを請け負う会社、有限会社イネッツ・ツーの代表を務める坂口昇さんは、競走馬としての役割を終えた馬を誘導馬へと育てなおすプロフェッショナル。現在は、調教師として大井競馬場からの請負で調教管理を行なっています。物言わぬ馬との信頼関係を結ぶために、ほとんど毎日、厩舎に泊り込んで生活を共
 
アナログな人間の生命力にスポットを当てる。
Vol.55照明家岩下由治さん
 スポットを当て続けて40余年。役者が一番輝ける光を生み出すと、業界から引っ張りだこの岩下さん。初回から現在まで30年以上も関わっている横浜国立大学でのダンス公演は、照明だけでなく、作品作り、演出や企画も担当しています。それ以外にも、さまざまな舞台で照明家として活躍しています。 時代はアナログからデ
 
女性ならではの柔らかさ、しなやかさをガラスで表現したい。
vol.54ガラス作家植木寛子さん
ヴェネチアを拠点に制作を続けるガラス作家の植木寛子さん。ルーマニアでガラスに目覚め、単身ヴェネチアに飛んだのは23歳のとき。エミール・ガレの工法を学び、技術を磨きながら他にはない独自の作風を生み出しました。ハイヒールなどの靴シリーズや女性の肉体美などの造形美に加え、あでやかな色彩は一目で植木さんの作
 
Recommend Contents
このページのトップへ