多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

多樂スパイス

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

Topics

2009.12.31
今年もいよいよ大晦日になってしまった。このブログ『多樂スパイス』を読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。今年は初めて会ったのに、すでにこのブログを読んでいて、かなり私の
2009.12.26
サラ・ブライトマンの新しいDVDを観ていた。ウィーンのシュテファン寺院大聖堂で行われたコンサートである。つくづく思うのは、イギリス女とイタリア男というのはなかなかの組み合わせだな、
2009.12.22
今年、『火天の城』という映画を観た。安土城築城をテーマにした作品だ。ひとことで言えば、とても良かった。大工の棟梁役をやった西田敏行の演技に惚れた。すごい俳優だ。かなり以前から安土城
2009.12.18
旅で味わったことは、いつまでも脳の片隅にしまわれているようだ。風景、味、匂い、聴いた言葉・話した言葉、あれこれ考えたこと……。1988年10月、アメリカ南部へ2週間弱の旅をした。8
2009.12.15
気がついたら、書、陶器、絵画など、かなりの点数の作品が手元にある。芸術家を取材する機会が多いことから、どうしてもそうなってしまう。相手に惚れてしまえば、作品をもちたくなる。それは自
2009.12.11
いつかは必ず行ってみたい美術館の筆頭が足立美術館であった。なにしろ主な収蔵品は私が好きな近代日本画であり、庭園は10年近く「日本一」と評価されている。京都にひしめく名庭園をさしおい
2009.12.08
出雲大社へ行った後、2両編成の一畑電鉄に乗ってトコトコと松江に戻り、その足で松江城へ行った。以前は国宝だったが、どういうわけか重要文化財に格下げになっている。誰がそういう評価を決め
2009.12.05
姫路城へ行った翌日、書写山圓教寺へ行った。姫路駅からバスとロープウェーを乗り継ぎ約40分。「西の比叡山」と称されることからもわかるように、山岳修行の場でもある。古くは弁慶が修行した
2009.11.29
姫路から宇都宮に戻り、仕事をいくつか片づけた後、出雲大社へ行った。今は11月だが、旧暦では10月。出雲はまさに神有月である。全国の神様が集合し、縁結びの会議を開いている時期だ。考え
2009.11.21
取材で姫路を訪れる機会を利用し、姫路城へ行った。初めて見るその姿はあまりにも美しく、とてもこの世のものとは思えないほどであった。と言うと、「またぁ、大げさな〜」と思う人もいるかもし

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ
Recommend Contents
このページのトップへ