多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 出雲大社、幻の本殿

出雲大社、幻の本殿

2009.11.29

 姫路から宇都宮に戻り、仕事をいくつか片づけた後、出雲大社へ行った。

 今は11月だが、旧暦では10月。出雲はまさに神有月である。全国の神様が集合し、縁結びの会議を開いている時期だ。

 考えてみれば、日本の神様は大らかというか暇というかお節介というかお茶目というか、わざわざ出雲に集まって、この人とこの人をくっつけちゃおうなどと議論しているわけだから、平和と言う以外ない。一神教の世界ではありえないお気楽さだ。それほどに日本は昔から平和だったのだろう。もちろん、縁結び以外にも神様たちの議題はあったのだろうが、それとて大したものではないはず。宗教紛争などなかったし、外敵もいなかった。せいぜいあったとしても各部族の小競り合いくらい。だから、出雲大社のような社ができたのだと思う。

 

 今、60年に一度の屋根の葺き替え工事をやっていたため、本殿を見ることは叶わなかった。しかし、そこに何かがあるというのは感じることができた。

 感じられればそれでいい。

 まさに出雲大社は感じられる空間になっている。それは人々の信仰が、空気に蓄積されているからではないだろうか。

 

 ところで、出雲大社の本殿はかつて100メートル近かったという記録も残されているそうだ。まだ建築の技術が追いついていなかったのに、当時の人たちは執拗に高い本殿を造り続けた。そのため、平安時代には何度も倒壊している。

 いったい、当時の人たちをして何がそこまでなさしめたのだろう。

 その心中を忖度するだけで愉しくなってくる。高いところに行けば、神に近づけると思ったのだろうか。

 そう考えると、今建築中の「スカイツリー」も同じような動機によるものかもしれないと思えてくる。

(091129 第130回 写真は太古の出雲大社本殿予想図)

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ