多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 白侘助と坂田甚内のコラボ

白侘助と坂田甚内のコラボ

2009.12.15

 気がついたら、書、陶器、絵画など、かなりの点数の作品が手元にある。芸術家を取材する機会が多いことから、どうしてもそうなってしまう。相手に惚れてしまえば、作品をもちたくなる。それは自然の感情だ。

 ところが、飾るスペースにもストックするスペースにも限界がある。これ以上、なるべく買わないようにしようと心に決めてはいたのだが、仲のいい陶芸家・坂田甚内さんのアトリエを訪ねたら、とても素敵な作品があったので買い求めてしまった。

 それが右の写真。ある盆栽家と甚内さんがコラボレーションした時の作品のひとつだが、白い椿(侘助)と抹茶茶碗の組み合わせだ。写真ではわかりにくいが、鉢の代わりとなっている茶碗は、甚内さん特有の黒陶波状紋である。私は陶器なら、甚内さんの作品が一番好きだ。愛用のマイ猪口もほとんどが甚内さんの作品。他に愛用しているのは島田恭子女史と『Japanist』第3号の表紙を飾ってくれた宮原隆岳氏のものが多い。

 

 この白侘助が我が家のリビングに来てから、雰囲気が一変した。なんというパワーだろう。すべての植物は精巧な芸術品といっていいが、この鉢植えは元々もっている侘助の存在感に加え、波状紋の陶器が醸す「気」の力が相まって、並々ならぬオーラを発している。テーブルの上に、これだけあればいいと思える。

 元来、椿の花は突如、ぼとりと落ちることから不吉なものとして武将から嫌われてきた。しかし、その優雅な姿形から、密かに愛した武将も多いと聞く。家康もそうだったらしい。

 

 ところで甚内さんのアトリエには他にもいくつかの鉢植えがあった。中でも興味を惹かれたのは山野草と陶器の組み合わせだ。陶器は元々土であったわけだから、マッチするのが当然といえば当然なのだが……。

 それにしても美しい。ずーっと眺めていても飽きない。

(091215 第134回)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ