多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 神も仏も畏れぬ

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

神も仏も畏れぬ

2009.12.26

 サラ・ブライトマンの新しいDVDを観ていた。ウィーンのシュテファン寺院大聖堂で行われたコンサートである。

 つくづく思うのは、イギリス女とイタリア男というのはなかなかの組み合わせだな、ということ。もちろん、ビジュアルでの話である。アレッサンドロ・サフィーナという伊達男の鑑みたいなテナー歌手とサラのデュエットを見て、そう思った。流し目なんぞを繰り出し、互いに見とれ合いながら熱唱している姿はまさにベタそのものだが、まったく嫌味がない。

 世界にあまたいる民族の中で、どうしてイタリア男だけがあんなに美的な外見を授かったのだろう。もちろん、例外があることは言うまでもないが。例えば、アングロサクソンの典型的な美男を見ても、生身の人間という感じがせず、リアリティーがないが、イタリア男はとてもリアリティーがある。ローマ帝国時代の英雄そのままの顔をした輩がたくさんいるのだ。サッカーのイタリア代表も、「顔で選んでいるのか!」と揶揄したくなるほど。そう言えば、以前ミラノに行った時、警察官までがカッコつけているのが驚きだった。パトカーはもちろん赤のアルファロメオ。道行く人々を眺めていると、おばあちゃんまでが颯爽としていた。とにかくお洒落であることが価値の上位にある。濃淡のモノトーンで組み合わせた上下に深紅のストールをさらりと巻いた70歳くらいのおばあちゃんが背筋をピンと伸ばして歩いていたのがとても印象的だった。

 

 何の話だったかな?

 そうだ、安土城趾の続きだった。

 信長がいかに奇想天外の男だったか、それは彼の宗教観を見てもわかる。安土城の天守閣には神道、仏教、キリスト教、儒教、道教が渾然一体となっていたが、神仏習合の極みみたいなことを平然とやってのける一方、大手道の石段には多くの石仏が単なる築城の素材として用いられていた。

 仏も神も恐れない信長らしい。パフォーマンスという見方もあるだろうが、比叡山を焼き尽くしたほどの男だから、宗教はどうでも良かったのだろう。

 右上の写真は、釈迦の足跡を石に刻んだ仏足石。本来は信仰の対象だが、信長はそれさえもただの建築部材として使っていた。仏教を篤く信仰していた建築労働者は冷や汗をかいていただろう。

 信長、じつに面白く、怖ろしい男だ。

(091226 第137回)

 

 

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ