海の向こうのイケてる言葉
HOME > Chinoma > 海の向こうのイケてる言葉 > All roads lead to Roma.

ADVERTISING

ココロバエ
魂の伝承

All roads lead to Roma.

ラ・フォンティーヌの『寓話』より

 すべての道はローマに通ず、と訳されている世界的に知られている言葉。1980年代に活躍した英国のニューウェイブ・バンド、ストラングラーズにも同名の曲があるし、映画のタイトルにもなっている。

 ローマ帝国の隆盛を物語る言葉でもあるが、どのような真意を含んでいるのか。よく言われるのは、目的はひとつでもアプローチはたくさんあるということ。あるいは、どのような経路をたどっても、行き着く先はものごとの根源であるということ。筆者は後者に近い解釈をしている。

 ものごとの根源とは、わかりやすく「母」と言ってもいい。さらに、母の母、人類を含めた生き物の根源である最初の母よりもっと前、この世の秩序を作った大本。それを儒学なら天、老荘思想なら道、キリスト教なら神と言うのだろう。もちろん、真理と言い換えてもいい。

 ところで、日本からローマに至る道はない。やはり、「すべての道は富士山の頂上に通ず」の方がしっくりくるだろう。

(第8回 200617)

 

本サイトの髙久の連載記事

◆多樂スパイス

◆ネコが若い女性に人生の指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作(オススメ本)

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は、「五月雨」を紹介。「さみだれ」です。梅雨の季節に東北を旅していた松尾芭蕉も――五月雨を集めて早し最上川 と詠んでいます。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ