うーにゃん先生の こころのマッサージ
HOME > Chinoma > うーにゃん先生のこころのマッサージ

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

うーにゃん先生

社会に出たばかりの若い女性に、禅を知り尽くしたネコ、うーにゃんが示す人生の指針。
これを応用すれば、いつも心は軽やか。(テキスト/髙久多美男)

Topics

2020.09.21
第40話行住坐臥「ただいまぁ」深夜、みゆが帰宅した。「遅かったね」とうーにゃん。「友だちに誘われて、セミナーに行ってきた。それより、なにか食べるものない?」みゆは冷蔵庫を開け、夕食
2020.09.10
第39話一即多多即一「きょうはこの言葉について考えてみようよ」「よろしくお願いいたします」みゆがうーにゃんに向かって一礼すると、うーにゃんはみゆの前に一枚の紙を掲げた。「読んでみて
2020.08.30
第38話明々百草頭「早く救急車を呼べ!」パパが大慌てで叫んでいる。突然、うーにゃんが動かなくなり、ほどなくして意識を失った。前日まで元気だったのに、急な事態だった。「なにグズグズし
2020.08.20
第37話春在一枝中小一時間ほども過ぎただろうか。みゆはまだ突っ伏して泣いている。みゆの横でうーにゃんは思案にくれている。どうしていいかわからないのだ。「いったい、どうしたんだ?」い
2020.08.10
第36話風過消物跡ついにうーにゃんにも専用の部屋があてがわれた。3畳ほどのスペースで、納戸として使われていた部屋だ。うーにゃんが仕事で使う物が増え、みゆの部屋に置ききれなくなってい
2020.07.30
第35話知足者富「きょうで終わりだね」みゆとうーにゃんは、カレンダーを眺めながら、どちらともなくつぶやいた。202●年12月31日、大晦日である。「みんなそろったか?」家族4人は厚
2020.07.20
第34話一言既発駟馬難追と刀瘡易没悪語難消「なによこれ〜」みゆは素っ頓狂な声をあげた。慌てて、持っているスマホを落とした。「どうしたんだよ、朝から」「だって、これ見てよパパ」みゆは
2020.07.10
第33話日々是好日テレビ、新聞、ネットのニュース。よくもまあ、こんなに悪いことをする人がいるものだと呆れ返るくらい、世の中は「悪いニュース」があふれている。みゆとうーにゃんは、ある
2020.06.30
第32話言中有響みゆは家に帰ってくると、しばらくうーにゃんと話をする。はじめはお姉さん風を吹かせるものの、途中から形勢が逆転し、うーにゃんに諭される展開になることが多い。その日もみ
2020.06.20
第31話春来草自生「たいへんなことになったの」パパが帰宅するとママが小走りに玄関へ行き、慌てた様子でそう言った。「なんだよ、いきなり」「さっき官房長官から電話があって……」「官房長

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Recommend Contents
このページのトップへ