多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

ADVERTISING

美し人
ココロバエ
ちからのある言葉
ちからのある言葉

多樂スパイス

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/髙久多美男)

Topics

2020.10.20
昨年9月から毎月1曲(あるいは数曲)選び、毎日最低1回は聴き続けるということを続けている。きっかけは十数年ぶりに会った人が「今年はマーラーの8番を生で聴けてよかった。マーラーの8番…
2020.10.16
日本人なら誰もが知っている名所、三保松原に行った。世界文化遺産にも登録されている。どうしても行きたかった。9月に行った北海道の大沼公園が存外素晴らしかったから。そのことを書いた項で…
2020.10.12
GoToトラベルやGoToイートが始まって、人の動きが活発になってきた。みんなが萎縮していたらいずれ社会は窒息死してしまうのだから、憂慮すべきことではない。とはいえ、新型ウイルス感…
2020.10.08
男新木場の貯木場の隣に木材会館という建物がある。ご覧のとおり、あみだくじ模様のデザイン。よく見れば、これ、ヒノキの板である。躯体は鉄筋コンクリート。その前面にヒノキの化粧を施してい…
2020.10.04
男体山に登る前日、湯滝を訪れた。湯滝は、華厳滝、竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑のひとつとされている。私は案外滝好きかもしれない。ブラジルとアルゼンチンの国境にまたがるイグアスの滝やジ…
2020.09.30
市ヶ谷のChinomaを閉めたことで、ついにアレを買うことになった。アレとはあれ、言いたくないが、老眼鏡である。なんでChinomaと老眼鏡が関係あるの?と思う人もいるだろう。私の…
2020.09.26
市ヶ谷のChinomaを閉めた。このサイトの名前もChinomaだが、この造語においては市ヶ谷のChinomaが先輩格。知が集まる場を目指して命名し、約6年前に開設した。外堀通りに…
2020.09.22
日本新三景というものがあることを知った。日本三景は世に知られている。松島(宮城県)、天橋立(京都府)、宮島(広島県)の3ヶ所で、江戸時代の儒学者・林春斎が決めたという。子供の頃、夢…
2020.09.18
函館から車を使って日帰りで行けるところ。そういう基準で選んだところが、洞爺湖だった。15年くらい前、家族で行ったことがある。〝犯人は犯行現場に戻る〟ではないが、もう一度見てみたいと…
2020.09.14
自分でも不思議だが、今まで男体山に登ったことがなかった。いつでも登れるという意識があったのと、独立峰で見るからに変化に乏しいと思えたからだ。しかし、今回、ちょうどいい機会だと思い、…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ