多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】

ADVERTISING

魂の伝承

多樂スパイス

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。【テキスト/髙久 多樂(髙久 多美男)

Topics

2022.09.19
ふたたび出羽三山について。鳥海山に登った際、足を伸ばした。出羽三山とは羽黒山、湯殿山、月山をいう。いずれも山全体が神域で、古くから信仰を集めてきた。芭蕉の『奥の細道』でも、ここはハ…
2022.09.12
最近、身の回りのあらゆることが輝いている。と書くと、いかにも宗教的だが、けっしてそういうものではない。輝いて「見える」のではなく、輝いているように「思える」のだ。自然の風景はもちろ…
2022.09.05
成田空港に近い、とある所に写真のような巨大な建物がいくつも建っている。はじめは物流倉庫かと思ったが、どうも雰囲気がちがう。近くに高速道路のインターはないし、そもそもこの建物、ほとん…
2022.08.29
名古屋駅から歩いて約15分、「ノリタケの森」という素晴らしい文化の森がある。その名のとおり、株式会社ノリタケカンパニーリミテドが運営する施設である。約34,000平方メートルの敷地…
2022.08.22
鳥海山に登る前、鶴岡市に宿をとった。鶴岡は好きな街である。人口はたかだか12万人。しかし、魅力満載の街でもある。月山、羽黒山、湯殿山の出羽三山を背にしている。流れてくる山の霊気は半…
2022.08.15
――関ヶ原のころ、佐和山は大きな城でな。大手口が東山道沿いにあって、侍屋敷がずっと山の麓までつづいとった。搦め手は琵琶の湖へつながる入り江に開けておった。堀も内、外と二重にあっての…
2022.08.08
夏恒例の登山、今年は8年ぶりに鳥海山を選んだ。その前に……。予定通り決行するかどうか、直前まで迷いがあった。なんと、12日間も熱が出たのだ。うち6日は38度以上。ダルさをあまり感じ…
2022.08.01
20数年ぶりに関ヶ原を訪れた。東西両軍合わせて約15万という、天下分け目の合戦が行われた古戦場である。歴史ものが好きになってから、古戦場や城をめぐるのが好きになった。実際に当時の様…
2022.07.25
歳を重ねると好きになるもの、そのなかに芭蕉と大相撲があるようだ。私もその例にもれず、芭蕉も大相撲も好きになった。子供の頃から文学に親しんできた私にとって、芭蕉は嫌いではなかったが、…
2022.07.18
あまり知られていないが、「最高の国」ランキングというものがある。「USニューズ&ワールド・レポート」という雑誌が毎年選定しているもので、78ヶ国を対象にハード面のみならず総合的な指…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ