多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > あみだくじのような建物

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ
ちからのある言葉
ちからのある言葉

あみだくじのような建物

2020.10.08

 男新木場の貯木場の隣に木材会館という建物がある。ご覧のとおり、あみだくじ模様のデザイン。よく見れば、これ、ヒノキの板である。

 躯体は鉄筋コンクリート。その前面にヒノキの化粧を施している。直線なのに、どことなく優しい。いかつくない。建築材となったあとも木は生きている。

 ネットで調べると、3寸5分材(約10.5センチ)角の無垢のヒノキを使っているという。それをピッタリ合せ、コンクリート壁面を覆っているのだ。こんなところにも日本人の職人技と矜持が現れている。

 やはり、いいモノは人を呼ぶのだろう。館内の檜舞台やホールは、しばしば映画やドラマ、雑誌の撮影などで使われたという。

 誰の発案でこの建物ができたのかわからないが、かなり粋な人である。著名なモノではなくても、人の心を揺さぶるものがある。そういうものに出会うのも〝邂逅〟といえるだろう。

(2001008  第1028回)

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉

◆うーにゃん先生の心のマッサージ

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

今回は、「虫時雨」を紹介。時の雨と書いて「しぐれ」。降ったり止んだり、時のまにまに降る雨のことを言いますが、日本人の耳にはどうやら、しきりに鳴く虫の声も雨の音に聞こえるようです。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

 

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ