多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 奄美大島の美酒

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

奄美大島の美酒

2020.07.03

 たいへん申し訳ないが、前回に続いて酒の話題。

「また酒の話かぁ」と呆れている人もいるにちがいない。前回のブログを読んだ人から「よく飲みますね」と言われたが、酒豪で鳴らす私の友人と比べたら赤児にひとしい。その人はひとりでひと晩にワイン3本、ウイスキーをボトルで1本くらい平気で飲む。特別強力な肝臓を備えているらしい。

『Japanist』や拙著をせっせと買ってくれた人との交友関係がきっかけで、奄美大島の黒糖焼酎のことを知った。焼酎といえば麦、米、芋がポピュラーだが、黒糖でつくる焼酎のことは知らなかった。

 じつは私は毎朝、黒糖生姜紅茶を飲んでいる。黒糖をコトコト煮詰め、生姜を擦り下ろして漉したものを混ぜ、少し冷ましてから再び煮立てた黒糖生姜に紅茶を混ぜたもので(時に雑穀茶になることもある)、石原結實氏の断食サナトリウムで知ったのである。

 朝、起きて間もなくこれを飲む。すると、雪崩を打ったように血流が盛んになり、あっという間に活動モードに入れる。生姜や紅茶で体温を上げ、良質の糖を脳に送り込むというスグレモノだ。

 そんなこともあって、黒糖焼酎にはピンときた。

 前回、ビール、日本酒、ウイスキーを飲むと書いたが、夏になれば黒糖焼酎が日本酒に替わる。ソーダで割ってもいいし、ストレートでもいい。得も言われぬ南国の香りと、嫌味にならないほのかな甘みが舌や脳を喜ばせてくれる。さすが奄美だけあって甘みがちがう(とダジャレを一発)。

 本格的な夏を迎える前、まとめて注文し、届いたのが写真右上。くだんの愛読者が経営する酒屋まえかわは、黒糖焼酎専門の酒屋である。サイトが充実し、品揃えも多くなった。

 さっそく1本目を嗜む。想像以上の味にニンマリ。これなら冬もお湯割りでいけそうだ。醸造酒より体に負担がなさそうだし。夜の酒タイムがますます楽しくなってきた。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉(新コラム)

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作(オススメ本)

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は、「五月雨」を紹介。「さみだれ」です。梅雨の季節に東北を旅していた松尾芭蕉も――五月雨を集めて早し最上川 と詠んでいます。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(200703 第1004回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ