多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 身体のバランサー

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

身体のバランサー

2020.06.29

 わが家のアルコール・エンゲル係数はけっこう高い。妻と二人暮らしだが、月に日本酒を一升瓶で7本、ビールを3ケース弱、ウイスキーを2本ていど。バカ飲みはしないが、毎日時間をかけて一定の酒量を楽しむ。

 アル中になってはいけないと、今年の春頃から5のつく日(月に3回)はビール1本だけにしている。おかげで6のつく日の酒の旨いこと!

 朝、日本酒を一升瓶から四合瓶に移し替えるときだった。前夜、あれほど芳醇な香りと思えた酒が、顔をそむけたくなるような臭いに感じるのだ。酒自体は朝も夕も変わっていない。変わっているのは、自分の身体だ。自分の身体の感覚器官の感じ方が変わっている。

 これぞセンサーだと思った。体はセンサーを変えることによって、主の行動を変えようとしている。つまり、朝は飲むんじゃないよと教えてくれている。

 風邪をひいたときもそうだ。食べ物が苦く感じる。それは、食べなくていいよ、体を休ませなさいと言っているのだ。「風邪をひいたらたっぷり栄養をつけて」と言って、無理やり食べさせる人がいるが、それは身体のセンサー=バランサーを無視しているということになる。

 ことほどさように身体のメッセージに耳を澄ませば、判断を誤ることはない。

 ところで「身体」と書いたが、かつての日本では、魂と体がひとつになったもの、生きている体が「身」だと玄侑宗久氏が書いている。たしかに「身ども」といえば、私という意味である。

 身体を健やかに保つためには、自分の内なるバランサーを信用することだと思っている。定期検診や人間ドックよりはるかに信用できる。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆海の向こうのイケてる言葉(新コラム)

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作(オススメ本)

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は、「五月雨」を紹介。「さみだれ」です。梅雨の季節に東北を旅していた松尾芭蕉も――五月雨を集めて早し最上川 と詠んでいます。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(200629 第1003回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ