多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 雪舟の庭と埋もれた天才

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

雪舟の庭と埋もれた天才

2020.03.23

 うっかりすると惰性に陥りがちな日常に、いかに美しい変化をつけることができるか、人生の要諦はそれにかかっていると思っている。だれにとっても「同じ時間」を良くするも悪くするも当人次第。もちろん、自分の意のままにならない時代もあったし、世界には今でもそれが叶わない人たちが大勢いる。しかし、日本に生まれたという幸運な境遇にある者は、自分の意志で平坦な時間を自分流に染めることができる。

 前々回、東福寺について書いたが、東福寺の塔頭寺院のひとつに芬陀院(ふんだいん)という小院がある。塔頭(たっちゅう)とは、禅宗寺院で、祖師の死後、弟子が近くに建てた塔や庵や小院をいう。

 芬陀院は小さいが、静かで気品ある佇まいは、超一級と言っていい。

 ピリピリと張り詰めた空気はない。「お仏壇以外はどこを撮影してもいいですよ」という配慮があるし、ごろ〜んと寝転がって庭を眺めていても平気なおおらかさがある。

 この小院、じつは〝雪舟庭園〟と呼ばれている。雪舟が作庭したからである。

「え? あの墨絵師の雪舟が?」と思う人も多かろうが、私もそう思った一人。事実、そうなのである。この小院にある庭は、雪舟が石で描いた枯山水の墨絵といってもいい。向かって左側に「鶴嶋」を、右側に「亀島」を配したことから「鶴亀の庭」とも言われている。

 さらにすごいことがある。火災などで荒廃したこの庭を一石の補足もなく復元した人がいる。重森三玲である。つまり、この庭には雪舟と重森三玲が関わっているのだ。とんでもなく贅沢な庭だということがおわかりいただけるだろう。

右上が庭の風景。下はその片隅にあるつくばい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 芬陀院のワクワクはそれだけではない。襖絵がとんでもない逸品なのだ。とくだん名の知られた画家でもないし、日常使いのように扱われているため注目する人は少ないかもしれないが、村上東洲という人が描いた襖絵に度肝を抜かれた。

 もちろん、その名を聞いたことはなかった。家に帰ってネットで調べてみても、「江戸後期の画家。京都生。名は成章、字は秀斐。僧鼇山(一説には大西酔月)に学び、人物・山水を能くした。文政3年(1820)歿、享年未詳」ということくらいしか書かれていない。しかし、力量が半端じゃないのはこの絵を見てもわかるはず。わずかな線だけで、衣服の内側にある肉体のたしかな存在感が表現されている。なんなんだこの線は! なんなんだこの構図は! と思わず唸ってしまった。有名な画家の有名な作品の前に行列をつくるのもいい。でも、自分だけの傑作を見つけるのも楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは誰が描いたものかわからない。モチーフは芍薬かな。この絵もすごい。

すごいなどという言葉を物書きが使ってはいけないことを百も承知のうえで「すごい」と書いてしまう。そういう力を秘めた画家が昔はゴロゴロしていたのだ。現代のように便利なものがなかったから、さまざまな物をじっくり観察し、じっくり我がものにしたのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい! のひとことである。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の近作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『FINDING VENUS ガラスで表現する命の根源と女性性』

 

お薦めの記事

●「美し人」最新記事 画家・岩井綾女さん

●「美しい日本のことば」

間と書いて「あわい」。古典読みなら「あはひ」。音の響きからでしょうか。続きは……

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(200323 第979回)

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ