多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 大相撲の国際化

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

大相撲の国際化

2020.02.20

 生まれて初めてナマで大相撲を見た。とはいっても、トーナメント戦である。場所の合間にある興行のひとつで、負ければ敗退の一発勝負形式だからそれなりに面白い。同部屋対決もありえる。実際、白鵬と炎鵬という、まるではじめから仕組んだような取り組みがあった。しかも、あろうことか、炎鵬が白鵬の足を取って有利な体勢に持ち込み、白鵬を土俵の上に投げて転がした。会場がやんやの喝采で溢れたのは言うまでもない。

 私は床に座るというのが苦手で、枡席を避け、椅子席を陣取った。椅子席は土俵から遠い。しかし、それでも立ち会いの目にも留まらぬスピードと迫力は伝わってくる。どうしてあんなに太っているのに動きが俊敏でしなやかなのか、わけがわからない。もちろん、パワーはとんでもないレベルだ。

 会場を見渡すと、ヨーロッパ人やアメリカ人など白人が目についた。どうやら相撲は白人の心をくすぐるようだ。

 そういえば、以前、『Japanist』の対談で山下泰裕氏を取材したとき、柔道と相撲の国際化のちがいが話題になった。柔道はオリンピックに採用されたことで一気に世界に広がった、世界に出ていった国際化。一方、相撲は世界を日本に引っ張り込んだ国際化だと中田宏氏が指摘した。慧眼だと思った。

 柔道は世界に出ていったがためにルールがコロコロと変わり、当初の理念が失われつつある。しかし、大相撲はあくまでも日本のルール、しかも神事としての決まりごとを頑なに守っている。いまだに女性が土俵にあがれないという、性差別と受け取られかねない決まりごとも変えていない。もっとも、あれは差別でもなんでもない。神事にのっとっているのだから。内館牧子氏がそのことをある著書で指摘したこともあるが、薄っぺらな人権主義者が物事の本質もわからず、騒ぎ立てるのはいかにも浅はかだ。

 もうひとつ感じたことは、昔は相撲の道に進む人は大半が中卒だったが、今は大学卒の力士が多いということ。先場所優勝した徳勝龍や朝乃山などを育てた近畿大の監督など、名指導者が大学にもたくさんいるのだろう。

 相撲は国際化によって、しばらく外国人の天下だったが、これからは日本の若い力士が台頭するだろう。そういう予感が心地良い。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の近作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『FINDING VENUS ガラスで表現する命の根源と女性性』

 

お薦めの記事

●「美し人」最新記事 書家・齋藤翠恵さん

●「美しい日本のことば」

(200220 第971回 写真は満員で国技館)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ