多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 「生活の軽妙化」その2

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ
ちからのある言葉
ちからのある言葉

「生活の軽妙化」その2

2019.11.12

 前回、事務所まで歩いた話を書いたが、ちがうコースを歩いたらどうかと好奇心が湧き、さっそく実行した。

まず新宿御苑の千駄ヶ谷門をくぐる。今年から入園料が500円に上がったが、年間パスポートは2000円のまま。日々、庭がわりに使って年間2000円は安すぎる。申し訳ない。

 

 

御苑のほぼ中央に、ユリノキの巨木が3本立っている。このユリノキを尊敬してやまない。なぜなら、まわりに遮るものがなく、台風がくると真っ向から風を受ける。それでも倒れない。3本の樹は、根元でつながっている。もはや一体化しているのかもしれない。

 

 

 

大木戸門から出る。駐車場に沿って敷設されている小径を歩いて四谷四丁目交差点へ向かう。

 

 

四谷四丁目から新宿通りを東へ。この通りは全然おもしろくない。通りが無味乾燥としている。街路樹があるのがせめてもの救い。しかたがないから、両側にびっしり並ぶ店舗を見ながら、直感的に、入りたいか入りたくないかを見分けながら歩く。数えたわけではないが、入ってみたいと好奇心をくすぐられるところは1%以下。つまり、私にとってほとんどの店は無用である。

 

 

四谷見附交差点。ほんとうは前回歩いた並木道に入りたいが、ここを左折する。

 

 

外濠公園に向かう道を進む。公園ではさまざまなスポーツを楽しむ人たちがいる。

 

 

中央分離帯にイチョウの並木がある。ちょっとだけヨーロッパ風。

 

 

このあと靖国通りに入り、外堀通りを直進。ほどなくして目指すChinomaに到着。1階のカフェ「ケイティー」の中村さん夫妻が私を待っている(てなことはないか)。

 

 

 今回のコースは約45分。前回より10分短い。次回はふたたび外苑のコースを歩き、途中、バッティングセンターで道草するのもオツかなと思う。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

最近の髙久の著作

●『父発、娘行き』

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『結果をだす男 中田宏の思考と行動』

 

●「美し人」最新記事 ガラス作家・植木寛子さん

●「美しい日本のことば」

(191112 第946回)

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ