多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 「生活の軽妙化」

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

「生活の軽妙化」

2019.11.08

 還暦というのはやはりダテではないようだ。いろいろな物事がめまぐるしく変化している。自然にそういう流れに向かっているのだろう。

 私はもろもろの状況を鑑み、「生活の軽妙化」というコンセプトを打ち出した。軽量=ダウンサイジングだけではなく、生活に妙味を加えること。自然災害もそうだが、「備えあれば憂いなし」。今後、すべてが右肩上がりになっていくことはありえないだろうから、不測の事態が起きても、あるいは収入が減っても生活の質が変わらないよう、あらゆるものを見直していこうというものだ。

 10日ほど前、左脚の膝に痛みを感じた。スクワット100回を始めたからか、走る時に痛めたのか。

 ずっと走ってきたため、運動ができないのはつらい。そこで、週に2度ほど市ヶ谷の事務所(Chinoma)まで歩くことにした。ただ、パソコンを持ち歩くため、通常の提げカバンでは歩きにくい。体の片方だけに負担がかかる。

 そこでリュックを買おうと思った。とはいえ、よく見かけるような、年寄りくさいものは嫌だ。ある日、腕時計の電池を交換するため近くのデパートに行ったついでにメンズフロアを覗いてみたら、出会いがあった。

 陳列棚の下にそれはあった。見つけてから3秒くらいの出来事だった。「これにしよう!」と。それがCOACHのリュック。

 さっそくこれを背負って、出発。

 

まず国立能楽堂のある千駄ヶ谷通りに出る。この通りのイチョウ並木は美しい。変な剪定をしないところがいい。

 

 

右手に建設中の新国立競技場が見え始める。道路を挟んだ正面に洒落たホテルができた。三井ガーデンホテル 東京外苑プレミアだって。これも隈さんのデザインかな。

 

 

 

外苑の中心部、正徳記念絵画館の前を通る。明治の歴史はこのなかに展示されている大きな絵を見れば、一目瞭然。

 

 

次いで、京都造形大と東北芸工大の外苑キャンパスの前を通る。

 

 

外苑東通りの権太原交差点。左に明治記念館がある。ここをまっすぐ抜ける。

 

 

右側にある広大な赤坂御所沿いに歩く。下って上って……。それにしても広い。平成上皇・皇后両陛下はここにお住まいだ。

 

 

赤坂迎賓館の前へ。何度かなかに入ったが、さすがは外交の最前線。威容がある。

 

 

四谷駅前に高層ビルを建築中。

 

 

四谷からJR中央・総武線に沿って敷設されている並木道を市ヶ谷駅まで歩く。気持ちいいのひとこと。

 

 

途中、曲がった小径が。こういうなにげない風景がいい。

 

 

外堀通り沿いを歩き、ときどき外堀を眺める。

 

 

そのうち目指す場所に到着。1Fのカフェ「ケイティー」のコーヒーが私を待っている。

 

 

 という遠回りのコースで約55分。音楽を聴きながら絶好のウォーキングであった。こんないい思いを味わって、しかもいっさい費用はかかっていない。これも生活の軽妙化のひとつである。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

最近の髙久の著作

●『父発、娘行き』

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『結果をだす男 中田宏の思考と行動』

 

●「美し人」最新記事 ガラス作家・植木寛子さん

●「美しい日本のことば」

(191108 第945回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ