多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 首里城が焼けてしまった

首里城が焼けてしまった

2019.11.04

 なんということだろう。言葉もない。一夜にして首里城が焼けてしまった。

 一昨年の11月、レンタカーで沖縄本島を一周し、最後に訪れたのが首里城だった。眼下に那覇の市街地を見下ろし、威風があった。いにしえの時代から、城は〝国見〟の役割を果たすところでもある。時には過酷な施政をしくこともあるが、王国には欠かせないアイテムである。

 首里城の写真を探したが、ほとんどない。唯一残っていたのが、右の玉座だ。琉球王が座った椅子。これも焼けてしまったらしい。なぜ、ほかの写真がなかったかといえば、いいショットを撮れるアングルが確保できなかったからだ。いろいろ迷ったあげく、あきらめたことを覚えている。

 形あるものは、いずれ朽ち果てる。世のならいである。命のように目に見えないものも同じ。この世に存在するものは、すべて消えてなくなり、新たなものが継いでいくという大いなる循環によって、大宇宙は維持されている。人類がつくった文化遺産も、やがては消え失せる。

 なくなると見たくなるのが人間の心情。たとえば、フォーレの交響曲は戦災で譜面が消失し、われわれはけっして聴くことができない。そうなると、是が非でも聴きたくなってくる。人間とはなんとも厄介な生き物である。

 死んでしまった生き物もそうだ。ときどき、無性にうーにゃんに会いたくなる。だから、今をともに生きる、身近な人たちを大事にせねばならないと強く思う。「ともに生きている人たちを大切にしてあげて」とうーにゃんがエラそうに言ってくる。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

最近の髙久の著作

●『父発、娘行き』

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

●『結果をだす男 中田宏の思考と行動』

 

●「美し人」最新記事 ガラス作家・植木寛子さん

植木寛子

●「美しい日本のことば」

(191104 第944回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ