海の向こうのイケてる言葉
HOME > Chinoma > 海の向こうのイケてる言葉 > Think of nothing things, think of wind.

ADVERTISING

ココロバエ
禅ねこうーにゃんのちょっとした助言

Think of nothing things, think of wind.

トルーマン・カポーティ

 村上春樹のエッセイ集『サラダ好きのライオン』で見つけた。「何ひとつ思うな。ただ風を思え」という意味。nothing thingsという言い回しは一般的かどうかわからないが、語呂もよ、洒落ている。さすがはカポーティ。

 現代人がただ風の音に意識を凝らし、なにひとつ思わないことなどないだろう。

 日常における首の角度と心もちの相関関係を研究する人がいたら面白い。首が下を向いている人はあまり幸せそうには思えない。しょんぼりしているか、ずっとスマホに見入っているかのいずれかだろう。

 では、首が上を向いている人はどれくらいいるのだろうか。筆者は道行く人たちや電車のなかなどで観察しているが、上もしくは正面を向いている人はかなり少ないようだ。

 その昔、坂本九さんは「上を向いて歩こう」と歌った。『ティファニーで朝食を』や『冷血』を書いたカポーティは「ただ風を思え」と言った。ときどき、こんな言葉を思い返し、日々の姿勢をチェックしてみよう。

(第41回 210228)

 

●知的好奇心の高い人のためのサイト「Chinoma」10コンテンツ配信中

 

本サイトの髙久の連載記事

◆音楽を食べて大きくなった

◆多樂スパイス

◆うーにゃん先生の心のマッサージ

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ