海の向こうのイケてる言葉

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ
ちからのある言葉
ちからのある言葉

Yes we can.

バラク・オバマ

 前回に次いで、政治家の演説から。

 アメリカ合衆国史上初めて、アフリカ系アメリカ人として大統領に就任したバラク・オバマの勝利宣言演説に頻繁に使われた言葉。オバマは黒人の父と白人の母を持ち、幼少時代はハワイやインドネシアで学んだこともある。

 現在、アメリカは大統領選挙を前に、国民が二分化され、互いに憎しみの連鎖が広がっている。表面上、マイノリティに対する差別は少なくなっていると報道されるが、実態はどうなのだろう。

 大統領選を制したオバマは、対立を煽るのではなく、宥和を呼びかけた。それまでの合衆国民がなしえなかったことを、われわれならできると強いメッセージをおくった。

 オバマ政権時代、なにができて、なにができなかったのか、詳しくは知らない。しかし、少なくとも「Amerika is first」より「Yes, we can」の方が社会を良くする可能性がある。リーダーの役割のひとつは、簡潔な言葉で道標を示すことなのだから。

(第23回 201002)

 

本サイトの髙久の連載記事

◆多樂スパイス

◆うーにゃん先生の心のマッサージ

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●美しい日本のことば

今回は、「雲の鼓」を紹介。雲に鼓とくれば、鬼。「風神雷神図屏風」の雷神が浮かびませんか。そのとおり、「雲の鼓(くものつづみ)」とは「雷」のこと。雲にのって現れた鬼神は〜。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ