海の向こうのイケてる言葉
HOME > Chinoma > 海の向こうのイケてる言葉 > Nobody’s gonna live for you.

ADVERTISING

ココロバエ
禅ねこうーにゃんのちょっとした助言

Nobody’s gonna live for you.

ドリー・パートン

 ふたたびドリー・パートンの言葉を。

 ドリー・パートンの本業である歌の方はあまりピンとこないが、彼女の言葉にはシビれる。いつの時代にも通用する、普遍性のある言葉が多い。

「あなたの人生を、あなたの替りに生きてくれる人はいない」

 なんと簡潔な言葉なのだろう。ど真ん中のストレート、ズドン! である。

 有史以来、この星に生まれ、死んだ人は星の数ほどいる。今というこの時を共に生きている人は70数億人もいる。しかし、他人と同じ人生を送った人はけっしていないはず。

 考えてみれば不思議なこと。数え切れないほどの人間がいて、それぞれが異なる人生を歩むなんて。

 それぞれが違って当たり前。であれば、いかに自分の人生の物語を素敵なものにするかは本人次第。物語の主人公は、あくまでも自分なのだから。

(第21回 200910)

 

本サイトの髙久の連載記事

◆多樂スパイス

◆うーにゃん先生の心のマッサージ

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●美しい日本のことば

今回は、「雲の鼓」を紹介。雲に鼓とくれば、鬼。「風神雷神図屏風」の雷神が浮かびませんか。そのとおり、「雲の鼓(くものつづみ)」とは「雷」のこと。雲にのって現れた鬼神は〜。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ