海の向こうのイケてる言葉
HOME > Chinoma > 海の向こうのイケてる言葉 > Everything you can imagine is real.

ADVERTISING

ココロバエ
美し人
ちからのある言葉
ちからのある言葉

Everything you can imagine is real.

パブロ・ピカソ

「想像できることはすべて、実在する」

 あっぱれなほど自信に満ちた言葉である。平面に立体性を表現する手法として、キュビズムを確立した20世紀最大の美術家ならでは。

 この言葉にのっとれば、ピカソの描いた事象は、ことごとく存在していたということになる。

 原文の「you」で明らかなように、この確信は自分だけのことを言っているのではない。自身の体験をもとに、「だれもがそうだよ」と言っているのだ。なんとも力強い言葉ではないか。

 であれば、どんどん想像しよう。あんなことも、こんなことも。

「なにより自由なのは、心のなかの物思い」。変に悟りきって、想像することをあきらめた人が、人生を空虚なものにしていく。

 ジョン・レノンも歌っているではないか。「Imagine」と。

(第14回 200718)

 

本サイトの髙久の連載記事

◆多樂スパイス

◆「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作(オススメ本)

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は、「雲の鼓」を紹介。雲に鼓とくれば、鬼。「風神雷神図屏風」の雷神が浮かびませんか。そのとおり、「雲の鼓(くものつづみ)」とは「雷」のこと。雲にのって現れた鬼神は〜。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ