海の向こうのイケてる言葉
HOME > Chinoma > 海の向こうのイケてる言葉 > A man can surely do what he wills to do , but he cannot determine what he wills.

ADVERTISING

ココロバエ
魂の伝承

A man can surely do what he wills to do , but he cannot determine what he wills.

ショーペンハウアー

「人は自分のやろうとしていることはできるが、自分の意志を決定することはできない」というショーペンハウアーの言葉。

 20代のはじめ、「PAFM」という同人誌を創っていたが、その創刊号の表紙に書かれていた言葉でもある。メンバーの一人がイラストに手書きの言葉を添えた。

 なぜ、彼がこの言葉を書き留めたのかはわからない。いっしょにロックバンドを組んでいた仲間だったが、大企業に就職し、自由を大幅に失った時期だったのだろう。

 人間社会において、個人の自由意志を阻害するものはなにか。それと直面した場合、どのような行動をとるべきか。それなりに熟考した記憶がある。

 アインシュタインは「私の信念」と題する文章で、こう書いている。

 ――私は若いとき、(上掲の)ショーペンハウアーの言葉に強く共感し、艱難辛苦を味わうたびに助けられたものです。自由意思をいつも持てるとは限らないと思っていれば、どんな情況をも受け入れることができるものです。

 翻って、21世紀の日本に生きるわれわれの自由を阻害するものとはなにか。いろいろ考えたが、社会的な制約はほとんど思い浮かばない。それほどに現代の日本に生まれたということは、自由を保証されているようなものだ。大切なのは、自ら意思を決定しようという意思ではないか。

(第2回 200516)

 

 本サイトの髙久の連載記事

◆多樂スパイス

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作(オススメ本)

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美しい日本のことば」

 今回は「藤浪」を紹介。小さな紫の花房が風にたなびいている姿が波を思わせたのでしょう。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ