日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 心を込めて、ていねいに、きれいに整えて料理するうちに、その人自身のふるまいが美しくなり、たいそう様子が良くなっていく

ADVERTISING

心を込めて、ていねいに、きれいに整えて料理するうちに、その人自身のふるまいが美しくなり、たいそう様子が良くなっていく

土井善晴

 料理研究家の土井善晴氏のことばを紹介。プロの料理人はアーティストであり哲学者だと思う。概ね、料理人が語る料理の「いろは」は、人生の「いろは」に通じるものが多い。この言葉もそのひとつだろう。「料理する」を「生きる」に変えてみるのもいい。土井氏の料理哲学が詰まった著書『おいしいもののまわり』で見つけた。
 
 ここ近年、「ていねいに」という表現を目にすることが多くなった。
 便利さを追求する行動を、「ていねい」というストッパーで立ち止まらせている。
 敏感な人は立ち止まり、自分の行動を振り返る。
 そして気づく。
 なんとなく「ていねい」の方が気持ち良さそうだということに。
 
「調理とは、調理経験のみが技術を向上させるのではない。おいしいもののまわりにある何かを感じること。それは家族、人の人生、歴史や文化、信仰や哲学によって素材との接し方を見極めることである」
 
 と、土井氏は「あとがき」で調理の鉄則を語っている。
 調理という部分に自分の仕事(あるいは人生)を当てはめて考えてみてほしい。
 何かが見えてくるのではないだろうか。
 もしも何かで行き詰まっているとしたら、その原因が浮かび上がってくるのではないか。
  何かが見えてきたら、きっと「ていねい」の真意に気づくはず。
 
「お祝いの料理はそもそも、神様のために人間が工夫をしてつくったもの。そのお裾分けを人間がいただく。
……ゆえに、一年の節目のおせち料理は、手をかけてつくることに意味がある。それは感謝を表し、家族の幸福への願いを強く込めることになる」
 
 自分のための「ていねい」が、誰かのためになっていることもある。

 誰かのための「ていねい」が、自分のためになっていることもある。

 

 普段使いの「ていねい」と、特別な時の「ていねい」があっていい。
「これだけは」と思うところだけの「ていねい」でもいいと思う。

 

 いつもより、ほんの少し丁寧に生きてみると、世界はちがって見えるはず。

 

神谷真理子(本コラム執筆者)公式サイト「ma」

 

●「美しい日本のことば」連載中

 今回は「しろかね」を紹介。

―― 銀も金も玉も 何せむに まされる宝 子にしかめやも(『万葉集』より)。山上憶良のこの歌で「銀」を「しろかね」と呼ぶのだと知った人も多いのではないでしょうか。続きは……。

●「日日是食日」連載中

(211230 第770回)

ADVERTISING

本物の真髄(電子版)

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ