多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 仕事は哀しみを癒す特効薬

仕事は哀しみを癒す特効薬

2011.06.13

 今さら言うまでもなく、今回の震災は数々の悲劇をもたらした。とりわけ、自ら被災したばかりでなく、仕事も奪われた人の絶望は想像にあまりうる。極端な話、どんな哀しみも仕事に没頭してさえいれば、そのひとときはつらいことを忘れることができる。仕事は、哀しみを癒す特効薬であり、その人の人生の写し絵でもある。

 社屋や工場や店舗や漁船が津波で流された人、原発事故によって農業ができなくなってしまった人……、その数は枚挙にいとまないだろう。その人たちの哀しみを思うと、こうして毎日仕事ができることに感謝しないではいられない。

 自分に置き換えればわかる。ずっと生活補助金をあげるから仕事はしなくていいよ、と言われて、はたして嬉しいだろうか。休暇にしてもさまざまな娯楽にしても、仕事があるからこそ輝くのである。

 

 以前、ある料理専門学校に随行してイタリアを訪れた際、パルマ近くのチーズ工場を見学したことがある。巨大な倉庫のなかを案内されたとき、案内してくれた人の誇らしげな表情が印象的だった。右上の写真のように、整形されたチーズがうずたかく積み上げられているのだが、「これはわれわれにとってばかりではなく、銀行にとってもお金より価値がある」と説明していた。

 仕事というものは、そういうものだろう。「お金よりも価値のあるもの」を便宜上、お金で取り引きしている。そこに、その人の矜持が生まれる。

 仕事以外で、そういった矜持を得られる機会はあるだろうか?

 おそらく、ないと思う。あったとしても、かなり少ないと思う。

 そう思えば、復興のビジョンは、「仕事の創出」にこそ、より力を入れるべきだということがわかる。特に原発で仕事場を奪われた人に対しては、考えられる限りの対策をうつべきだ。それができなければ、国政をあずかる意味はない。

(110613 第258回 写真はイタリアのチーズ工場に積まれているチーズの山)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ