多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 自分のことはケヤキに訊け

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

自分のことはケヤキに訊け

2011.06.17

 この鬱蒼と繁った森は熱帯雨林? とまでは思わずとも、そうとう山深いところの風景と思うだろう。ところが、グチャグチャゴチャゴチャ度でニッポン一と言われる新宿駅から電車でわずか4分の駅から徒歩で数分のところにある風景と聞けば、驚く人も多いにちがいない。

 私が週の半分を過ごすマンションの窓外の風景がこれだ。ベランダに出て手を伸ばせば、あと2メートルほどでケヤキの大木の葉っぱに触れることができる。

 思えば、不動産会社の営業に案内されてこの部屋に入ったときが決定的瞬間だった。この部屋と10階の部屋が空いていた。10階のそれからは新宿御苑が一望できた。おそらく多くの人はそちらを選んだだろう。一望できる方が価値が高いと思うにちがいない。事実、3万円くらい家賃も高かった。

 しかし、私は迷わず即断即決。木々のオーラを感じたからだ。他にいくつかの候補もあげていたが、見学せず、すべてキャンセルした。

 「何ものかにいざなわれてここに来た」

 今、私はそう思っている。だって、都内のマンションといえば、星の数ほどもある。その中で、こういう場所を得られる確率というものは、そんなに高いものではないだろう。

 

 さて、その後の私は、以前に増して自由の境地を得るに至った。それまでも好き勝手にやってきたが、その度合いが一気に高まったのである。

 早い話、一日のうちで植物と接するに最適の時間をそれに充てることにしたということ。かといって、遊んでばかりで暮らしていけるはずもないので、それ以外の時間は常に仕事も学びもスタンバイ状態にしておく。朝も夜もないし、休日も盆暮れもない。

 多くの人は、仕事のオンとオフがはっきりしている。しかし、私は限りなく曖昧なのだ。というか、どこまでが仕事でどこまでが遊びでどこからが学びなのかわからない。おそらく、いつもその3つが入り混じっているのだろう。

 ところで、さすがにここは気が横溢しているらしく、弱ってしまった植物をここに持ってくると、別人のように甦る。植物は正直なので、いい場所にいるときと悪い場所にいるときの反応がまったくちがう。ゲンキンなものである。

 

 さてさて、これから私はどんな方向へ進むのだろう。

「松のことは松にきけ」という言葉があるが、今の私の心境は「自分のことはケヤキに訊け」。そんなわけで、窓外のケヤキに訊いているところである。

(110617 第259回 写真は窓外の新宿御苑)

 

 

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ