多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 植物になったつもりで自分を律する

植物になったつもりで自分を律する

2011.06.09

 私はめったに病気をしない。会社を興して24年強、今までに病欠ゼロというのは密かな自慢でもある。

 ただし、風邪をこじらせると気管支にきて、咳が止まらなくなる傾向がある。そうなると、治るまでに1ヶ月以上要すことになる。ゴホゴホと咳き込むと、肺を病んだ老作家みたいになり、周りの人たちも「高久もこれまでか」と思うらしい。

 ところが、今回は意外にも早く治りそうだ。

 

 東北の被災地へ行って、風邪をこじせた。行く前から熱っぽく、しかも台風の到来で気温が急激に下がった。本来であれば、出発を遅らせるべきだったのだろう。

 しかし、健康への過信があったことは否めない。予定通り強行し、ようやく見つけた宿では寒くて寒くて、バスタオルやウィンドブレーカーを体に巻き付けて寝たものの、それでも寒い。だが、被災地で頑張っている人に、「暖房つけてください」とは言えない。長時間の運転による疲れと惨状を目の当たりにしたショックとで一気に風邪は悪化した。

 

 その後、自分の意思で咳が出るのを阻止することはできないかと考えた。そこで、ある話をヒントに、次のようなことをした。

 マスクをし、i Podで静かな音楽を聴きながら精神統一し、呼吸を最小限に抑え、あたかも植物になったようにみじろぎもしない。

 すると不思議。それまで1分間隔で出ていた咳が、急に止まってしまったのだ。

 ヒントにしたある話というのは、高速バスを利用してお盆に帰省する際、渋滞にはまり、おまけにエアコンが切れてしまったという時の知人の対応だった。他の乗客はかっかときて、クレームをつけるやら苛々するやら……。しかし、その人は目を閉じ、呼吸を浅くしてエネルギーを消耗しない方策をとったという。すると、暑さを感じなくなったというのだ。

 今回、私はその話をヒントにしたというわけ。

 その方法でうまくいったものだから、自信を得た。今後はあらゆる局面で応用できるにちがいない。

 

 約7万本もあった高田松原の中で、たった一本だけ残った松の話を知っている人は多いだろう。あの松はなぜ、生き残ったのか。植物に詳しい人は、偶然に偶然が重なったというが、果たしてそうだろうか。なぜ、数本ではなく1だったのか。なぜ、ゼロではなかったのか。

 世の中は不思議なことだらけで、学んでも学んでも、わからないことが増える一方だ。

(110609 第257回 写真は高田松原の一本松)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ