多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 鉄棒を飲み込むスズカケの木

ADVERTISING

ココロバエ
禅ねこうーにゃんのちょっとした助言

鉄棒を飲み込むスズカケの木

2021.01.08

 JR四ツ谷駅から飯田橋駅にかけて、土堤のうえに桜並木がある。市ヶ谷に事務所があったころは、ときどき歩いたものだ。土堤の下を黄色やオレンジ色の電車が行き交い、外堀をはさんだ対岸に桜並木が見える。味わいのある風景だった。

 並木道の途中に、鉄の棒を飲み込んだスズカケの木がある(写真右)。目のようなものもあり、どう見ても大きな魚が鉄の棒を飲み込んでいるとしか見えない。反対側は、飲み込んだ棒が肛門から出ているように見える(写真下)。

 どのようなプロセスをたどってこうなったかはわからないが、植物の獰猛な生命力を感じさせる一片の光景だ。

 ひとつわかることは、鉄柵を設置する際、沿道にあったスズカケを伐採しなかったということ。時に植物は面白いことをしてくれる。

(210108 第1051回)

 

●知的好奇心の高い人のためのサイト「Chinoma」10コンテンツ配信中

 

本サイトの髙久の連載記事

◆音楽を食べて大きくなった

◆海の向こうのイケてる言葉

◆うーにゃん先生の心のマッサージ

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

◆偉大な日本人列伝

 

髙久の著作

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ